2015年08月30日
カタツムリのその後

カタツムリが異常に食欲を無くしていることをここで書きましたが、その後サツマイモをあげたところ、白いフンをするレベルで食べました。さらにキュウリとサラダ菜をあげましたが、これも食べています。
食べる量としてはまだまだ少ないですが、とりあえず栄養を摂取するという最も基本的な生命活動が見られたことで少し安心しました。
今後も観察を続け、食欲改善の方向に確実に向かっていることを日々確認していきたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(12) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食べるようになってよかったですね。
うちでもニンジン投入するも今までのようながっつく様子がなく心配しましたが、けさきゅうりをあげたらさっそく群がってました。こちらはニンジンがあまりおいしくなかったのかもしれません。
飼育下のツムは美食家になってしまったのでしょうか?
Posted by ぱぼ at 2015年08月30日 10:41
>ぱぼさん
産地の違いなのか栽培方法の違いなのか、同じ野菜でも食いに差があることがありますねー。人間にしてみれば気付かないレベルの味の差でも、カタツムリにはわかるんですな(^O^)
あと、カタツムリは絶対に舌が肥えると思いますw 最近はウチでもキャベツは食べなくなりました(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年08月31日 20:05
少し食欲が出てきて、一安心ですね。うちは、4つの家があるのですが、大人より子供達のほうがよく食べています。近所の知り合いが、無農薬の野菜を作っているので、カタツムリはその安心野菜を食べて育っています。
日本の農薬の量ははんぱじゃないそうで・・・
少し過保護かも^^;です。
好き嫌いもあるし・・甘やかし過ぎたかも^^;です。
Posted by yama at 2015年09月01日 23:23
>yamaさん
いえいえ、無農薬野菜をあげることができるときは、どんどん安心野菜でいきましょう(^O^)
幸せを増幅させることは善です。世界中のカタツムリの中で1匹でも幸せなカタツムリを増やしてあげましょう。それが飼い主の幸せでもありますから(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年09月03日 00:32
再びスミマセン。教えて下さい。
食欲が全くないウスカワマイマイについてです。
元々食の細いコで何を入れても卵の粉末とトマトくらいしか食べてくれないコです。
でも普段はその2種類位ですがちゃんとそれなりの量を食べてそれなりの糞をして元気でした。

しかし、殆どたべなくなってしまいかなり痩せてしまいました。
殻がとても大きく感じるようになってしまい、歩くのも殻を引きずっている状態で身体が細く長く伸びきってしまいます。
凄く辛そうに見えるのにそんな身体でも歩きまわります。
食べ物は色々な物を試し、衛生面では洗いまくっています。
もう、後は何をしたらいいのか全く分からずその繰り返しで様子をみていましたが何も食べてはくれません。

カタツムリの食欲改善をするには、他に何をしてあげる事ができるのでしょうか?
もう、自分の頭ではわかりません。

今までに全く食べなくなってしまい困ったというカタツムリがいた事はありませんでしたか?
Posted by めぃ at 2016年01月09日 20:57
>めぃさん
ご安心ください。ウチでも普段の4分の1ぐらいの食欲で、数日間何も食べないこともあったりします。
今までもそうでしたが、冬季は毎年食欲が激減します。
たぶんですが、部屋の中が暖かくても体のリズムでは冬なので、あまり食べなくなるのかもしれません。
動きもセーブして省エネスタイルに入っているので、食べる量も少なくてちょうどいいのかも(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年01月10日 00:14
そうですね^^
確かに動かずにジッーとしてあまり食べないコは増えました。
そういうコが心配でないのはやっぱり身体がプックリしてるから安心してられるのですが
唯一このコだけは身体が細くなりすぎてしまっているのがとても心配です。

今日に限ってなのか、それともこの先も続いてしまうのか分かりませんが今夜から弱り過ぎて動けないような感じになってしまいました。
殻から顔を出すのが精一杯のようにも見えます。
私の勘違い、気のせいで明日になったら違ってたって事になればいいのですが…。

もし、こんな感じのコがいたとしたら ぁぃさんなら次に何をしてみますか?

これ以上、食べないが続くと体力的にもう危ないのではないかと心配です。



Posted by めぃ at 2016年01月10日 00:33
>めぃさん
その個体の今までの経緯を思い出し、特に異変が無かったのならそのまま様子を見ます。
異変が継続してあった場合は、一定の覚悟はします。
体が痩せるのは体内の水分量の減少も大きな原因なので、まずは霧吹きからだと思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年01月10日 01:09
ありがとうございます<(_ _*)>

残念ですが殻に籠ってしまい足の裏しか見えなくなってしまいました。
その足裏に買ってきた天然水をかけてあげる事しかできない状況です。
口にもしたくない言葉ですが… 多分ダメでしょう。
本当は殻に籠って体力を温存して体調がよくなったら顔を出してくれたら理想ですが…。
そんな事は現実にはないのでしょうね。

ぁぃさんは今までに老衰で死んでいったカタツムリの経験はありますか?
老衰の場合どんな感じの兆候がみられるのでしょうか。
Posted by めぃ at 2016年01月10日 14:06
>めぃさん
霧吹きに反応が無ければ、恐らくあとは待つだけということだと思います。
カタツムリの世界で言う老衰は、言われている年数ではなくて飼育者が見てきた推移から導き出されるものだと思います。そういう意味では、ウチではほとんどが老衰死でした。
死へと向かう状態で多かったことは、腹足の先を三角に出しながら動かなくなることです。この状態では霧吹きには反応しません。
そのうち体の水分がどんどん蒸発していき、出ていた腹足の先の三角部分がさらに小さく黒くなっていきます。この状態ではすでに死んでおり、腐敗臭もしてきます。
さらにそのままにしておくと、三角部分はさらに黒くなって硬化してきます。
要するに、体の肉の部分から水分が抜け始めると、その時点で体の維持機能が低下あるいは停止しており、そうなると時間の問題になります。水分が抜け始めると肉が黒ずんでくるので、生きている個体がそうなっていた場合は、即刻霧吹きが必要です。

ただ、ふたの裏や壁面などにがっちりくっついたまま死んでしまう例もあると思いますが、その場合は兆候や推移を確認しづらくなるので、湿度などの周辺環境や個体の今までの観察状況から判断して明らかに不可思議な場合は、一度強引にはがして霧吹きに反応するかを確かめるのもいいと思います。

死の宣告の判断材料は腐敗臭の有無だと思います。これがあると他の条件は無条件になります。
Posted by ぁぃ♂ at 2016年01月10日 21:34
貴重なお話ありがとうございます。

やはり霧吹きに反応がないとあとは待つだけなんですね…。
気のせい?見間違い?というくらい微かに動いたかな程度です。
そうなってしまうと回復はできないのですね…
本当に残念です。もう一度元気になった顔を見たかった。

今までぁぃさんが話してくれた事を思い返しても、いくら考えても自分ではもう何をしたらいいのか、
何ができるのか分からなかったので救われました。
本当にいろいろなアドバイスをありがとうございました<(_ _)>

Posted by めぃ at 2016年01月10日 22:56
>めぃさん
がんばです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年01月12日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る