2015年09月04日
見事に復活富有柿

瀕死の状態だった室内発芽の富有柿ですが、新しい葉を出しながら背丈を伸ばし、現在50cmぐらいにまで伸びました。ここまでくれば、もう安心。剪定をしないで冬までこのまま大きくなってもらいます。


見事に復活富有柿

こっちはYの字の樹形を想定した摘心をしています。うまく脇芽が伸びてきてYの字になるかどうかです。


見事に復活富有柿

こっちは遊んでいます。どうなっているのかというと…


見事に復活富有柿

こうなっています。右はぐにゃりと曲げた幹から脇芽が真上に伸びているところ。左は脇芽が出そうなところ。
この二つは随時剪定をしながら樹形を作っていきますが、あんまりいじっても弱くなりそうなので寒くなったら剪定は休止です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 富有柿 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下の2つは盆栽柿にするのかな?
柿の枝は折れやすいので、木登り禁止と子供の頃いわれましたが、コロボックルなら折れないでしょうw
Posted by ぱぼ at 2015年09月06日 07:53
>ぱぼさん
結構早めに茎が木質化するので、まだ緑色のときに曲げ加工をしてます。
なので、加工時期が定期的にどんどんやってくる状態で、日々目が離せません。こんな小鉢にどれだけ神経を持っていかれるのか…
ああ楽しい(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年09月06日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。