2015年09月25日
ハダニ対策後のキキョウ

ここでハダニ対策を実施したキキョウですが、残った枝を自ら落とし、新しい葉を出し始めました。
古い枝からの再スタートではなく、すべてリセットした上で新芽からの再スタートをするようです。
寒くなるにつれてまた枝を落として休眠すると思いますが、春にどれだけの花を咲かせてくれるのかなわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちには白と紫の鉢があるのですが、白は咲いたあと種子を採取する前に葉がやられ、紫は花さえ咲かずに葉がやられました。ちょうどその頃豪雨でした。
あっというまに自らを腐らせ、やはりそちらと同じように今頃3センチくらい発芽しています。
水がないとすぐしおしおするくせに、過多だとカビや害虫にやられます。
桔梗は毎年ほっといても季節になるとちゃんとサイクルを知っていたのに、今年の夏はさすがにまいったようですな。
Posted by ぱぼ at 2015年09月26日 08:30
>ぱぼさん
なるほど、環境の変化には少し弱いところがあるんですねー。
庭の桔梗は全然大丈夫なのですが、鉢植えだともろに変化が響くのかもですな。
ただ、見ようによっては環境の変化に即座に対応しているようにも見えますが、カビが生えやすいのを考えればそれだけ繊細なので即座に対応しなければならないのかもしれませんねー。
どこかカタツムリにも似ているなと思いました(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年09月26日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。