2015年10月13日
純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

純筋あり4兄弟は最近急速に成長中で、殻の直径は2cm弱くらいになりました。カットルボーンもよく食べています。


純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

そんなわけで、カットルボーンも交換した次第。


純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

純筋無し4兄弟の殻は2cmちょっと。相変わらず兄弟同士でじゃれ合っています。


純筋あり4兄弟と純筋無し4兄弟

カットルボーンが凹んでいるように見えますが、これが食べて減ったところです。
カタツムリは殻を作る必要があるのでカルシウム分を摂取しなければなりませんが、飼育環境ではカットルボーンやボレー粉、卵の殻などをあげたりします。
カットルボーンはイカの甲(骨)、ボレー粉は牡蠣殻を粉砕したものですが、広義的に貝系統の生物が作りだしたカルシウムを陸貝であるカタツムリが摂取して殻を作ることになるので、輪廻転生というか再利用というか、ぐるぐる回っているわけです。

人間が住むところではコンクリートを食べてカルシウム分を摂取したりしていますが、あれはコンクリートに含まれるセメントの炭酸カルシウムを食べていることになります。特に雨が降るとコンクリートからは微量の炭酸カルシウムが流れ出るので、コンクリートに集まるわけですな。
自然界のカタツムリは石灰岩が多い地域に多く生息する傾向がありますが、石灰岩はセメントの原料です。自然界でもちゃんとカルシウムが多いところで生活しているわけです。
石灰岩は雨水からできたものもありますが、サンゴが堆積してできたものも多いです。海底でサンゴが堆積し、地盤隆起などの地殻変動で陸地になって地上に姿を現したものが石灰岩なわけです。つまり、石灰岩も生き物が作りだしたカルシウムが多く含まれており、地域によってはサンゴの堆積物そのものだったりします。

生き物の死骸からできた原油を燃焼させて二酸化炭素を作りだすだけの人間は、地球から見れば掟破りの極悪生命体です。人間は文明を加速させるために、ひとつの星のシステムとは別のパンドラの箱を開けてしまったのかもしれません。目先のリサイクルはしたとしても、基本的に戻れないでしょう。
もしかしたら、どこの星でもどの生き物でも文明を持つことを選択した生き物は、地球の人間のように消費と破壊をしなければ生きられない生態を持ってしまうのかもしれません。
一度文明を持ってしまったら、それは終わりのない進化。まさにパンドラの箱です。進化とは優れたことなのか、文明とは高度なことなのか、じつは単なる生態スタイルのうちのひとつであるということなのかもしれません。
二酸化炭素を排出しない電気自動車も二酸化炭素を排出して作られた電気で走るわけで、人間とはまさに奇妙な生態を持った生命体だなと思う次第。しかし、そんなことよりも小松菜をいつ収穫するのかを考えなければなりません。にんげんだもの(^^ゞ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(7) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここへきてうちのツム君達も ぁぃさんとこ並みに凄い食欲で元気です。先月お墓から連れて帰ってきた子も割れた所に白い筋が盛り上がって、いまのところ元気にしています。他の一年生組と一緒にしてもいいものか悩み中^^;
ぁぃさんの人間に関する考察、まったくその通りだと思います。まさに 地球の癌だと思います。私も癌細胞の一個なのです。
Posted by MoriSiren at 2015年10月13日 18:55
はじめて書き込みさせて頂きます。
かたつむりの産卵で検索していたら、あいさんのブログに辿りつきました。

私も昨年からカタツムリを拾ってきて飼っていました。今年も新たに3匹拾ってきて飼っています。6月下旬位からでしょうか。(昨年のカタツムリは野に放しました)。

昨夜、お部屋のお掃除をしようとしたら、1匹が隅にうずくまり産卵していました。昨年も2度程産卵しましたが、上手くいきませんでした。朝見てみたらかなりの数を産んでいました。
あいさんの真似をしてキッチンペーパーに採取して卵同士くっつけて置いています。(昨年もキッチンペーパーで失敗しています…)
10月という気候だけに、条件が厳しいかと思いますが、何かアドバイスを頂けると嬉しいです。

長文失礼いたしました。

Posted by ぶう at 2015年10月13日 22:19
>MoriSirenさん
殻の修復が進んでいるようですな。一緒にするのは特に問題が無いと思いますが、気の荒い個体がいないかどうかは確認した方がいいかも。気の荒い個体は相手の体をしょっちゅうかじります。
人間もいろいろな生物と仲良くして、結果的に地球に良い生物になれればいいですな(^O^)

>ぶうさん
はじめましてです(^O^)
卵はなぜか孵化しないときは全く孵化しません。梅雨時以外の卵に多いです。やはり、梅雨時の卵が本来の旬の卵なのかもしれませんねー。
自然界の卵は湿った土の中で空洞を保ちながら存在します。濡れているわけでもなく乾いているわけでもないのに、湿度が高い状態です。これをできるだけ再現するのがいい管理になると思います。
ただ、濡らさずというのは無理なので、水浸しにしないということで解釈してもいいかも(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年10月14日 06:31
早速のお返事、ありがとうございました!孵化しない時は全くダメなんですね。
改めて数えてみたら、正確ではありませんが70〜80個あったようにみえました。せっかく産んだ卵、是非良い状態で孵してあげたいと思いますが、うーん自然界に近づけるのは難しいですね。
水も与え過ぎなよう気をつけます。
また、ご報告します(^.^)

本当にありがとうございましたm(__)m

Posted by ぶう at 2015年10月14日 23:30
>ぶうさん
今年で言うと、4分の3ぐらいは孵化しない卵でした。その時その時の親の体調もあるので、こればかりは待つしかないですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年10月15日 00:29
みんな体が白い!
ヒダリマキの親はガングロなんですが子供たちはぁぃさんの子達みたいに白いです。

食べ物が良いのかしら?メラニンとかか?謎です。
Posted by JAM at 2015年10月15日 01:00
>JAMさん
ウチのアオモリマイマイも大きくなってくると色素が増えてきますが、子どものうちは白いですな。
野生の個体はさらに色素が濃いです。原因は不明ですが、紫外線が多いとか枯れ葉を食べるとか、そういうのが関係するんでしょうかねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年10月15日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。