2007年05月25日
透き通る体のカタツムリの赤ちゃん

きのう生まれたカタツムリですが、飼育ケースの中を歩いたり眠ったりしています。
殻の中は透けており、生後二日後のうぶな姿です。

大きさが小さいので、撮影もかなりむずかしい日常。
困らせるところが、またかわいかったりもします。

.........@ノ”<ぼくの心も透けているお
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!
カタツムリの赤ちゃんかわいいですね。

2週間前に、1匹のカタツムリを拾って、
子供が気に入ってしまったので、なんとなく飼い始めていました。昨日、卵らしき白いつぶつぶを見つけてビックリ!!どうしていいのかわからず検索しまくっていたら、こちらに辿り着きました〜。
しばらく卵達に埋もれて動かなかったのですが、
心配でケースの葉っぱを換えたり、触ったりしたせいか?卵をほったらかしで動き始めてしまい、卵達は散らばってしまって、、卵だけ隔離したほうがいいのでしょうか?

長々とごめんなさい!
何もわからなくって、参考にさせてもらいたいので、よろしくお願いします!
Posted by みさはる at 2007年06月01日 10:04
みさはるさん、はじめましてです。
ぼくも産卵を見るのは初めてですが、すごいですよ。
次から次と産み続けます。困るくらいw
カタツムリは、産卵中はその場で動きませんが、終わるとなんのことなく動き出します。
卵を隔離したほうがいいかどうかですが、基本的にはそのままにするのが一番だと思います。
ぼくが隔離した理由の一つ目は、卵と同じぐらいの砂利を敷いていること。掘っては産むを繰り返しますので、卵が割れてしまいます。現に、何十個かはすでに割れているという現実です。
二つ目は、4匹が産卵するとなるとケース内があっという間に卵だらけになるということw
こうなると半数以上は割れてしまう可能性もあり、不衛生になって親が死んでも困ります。
三つ目は、ケース内の掃除のときに砂利を洗うので、卵があると洗えなくなること。これも不衛生の要因になります。
カタツムリは清潔好きなので、不衛生は避けなければなりません。
親も子も両方良い結果にするにはということで、隔離しました。
隔離してもちゃんと孵化してますので、大丈夫ですよ。ただ、卵の乾燥にだけ注意です。水でびしょびしょも注意です。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月01日 22:09
あいさん、お返事ありがとうございました。

産卵の時は動かなくなるのが普通なんですね。
死んじゃったのかと心配になり、つついてしまいました(汗)
うちのケースは、アジサイの葉っぱだけ入ってる状態で、何も敷いていません。
なので、キッチンペーパーを湿らせて、そこに卵を移動してみました。乾かないよう、霧吹きでスプレーしてます。乾いても、びしょびしょでもダメなんですね。程よい湿り加減に気をつけます。
カタツムリがきれい好きなのは知らなかった!
ケースを今度洗いますね。葉っぱも取り替えて。
卵が無事に孵るか楽しみです〜。

また遊びにきます!

Posted by みさはる at 2007年06月04日 09:55
産卵に初めて出くわしたときは、ぼくも寿命がきたのかなと思いました。
ケースの掃除ですが、汚れたなと思ったぐらいのときでいいと思います。
大きいのが4匹もいると、週1回ぐらいで汚れたなと感じるので週1回掃除してます。
孵化まで頑張ってください。1ヶ月ほどで孵化します。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月04日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る