2015年12月27日
車庫に退避中の鉢植え

間違いなく冬の寒さに耐えられないもの、またはかなり弱るもの、大事にしているものは、冬の間は車庫の中に入れています。


車庫に退避中の鉢植え

上二つが小松菜。秋に種蒔きしたもので、生長しないまま今に至ります。
左下が幹を曲げて遊んでいる実生の富有柿。右下が種を蒔いたミニシクラメン。


車庫に退避中の鉢植え

ミニシクラメンは発芽はしていますが、このあと育ってくれるかどうかは不透明。


車庫に退避中の鉢植え

発芽している場所を見落とさないように、つまようじで印をつけた次第。3か所です。


車庫に退避中の鉢植え

実生のイチョウも、ようやく枝の分岐に成功した次第。イチョウはまっすぐ上へ上へと伸びるので、そのたびに摘心を繰り返しました。6年以上格闘した記録はこちら


車庫に退避中の鉢植え

フクジュソウはつぼみを出し始めたので、車庫の中からまた外に出したいと思います。正しい寒さの中で正しく日光を浴びて開花させたいわけです。


車庫に退避中の鉢植え

ハダニ対策を行ったキキョウも、根の状態で越冬中。


車庫に退避中の鉢植え

すでに来年に向けて待機中のプランターもあります。全部ではないですが。


車庫に退避中の鉢植え

赤紫蘇は、こぼれ種からの自然発芽をやめ、来年の春に新たに種を蒔くことにしました。


車庫に退避中の鉢植え

いいかげんに脱穀しなければなりません。つか、穂をしめ飾りに利用するほうが先かw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。