2016年04月17日
カタツムリの赤ちゃん13匹

少しずつ野菜を食べ始め、フンも少しずつ見えるようになりました。


カタツムリの赤ちゃん13匹

あれから2匹孵化し、全部で13匹になりました。残る卵の状態は全く変化が無いため、今回の孵化すべき卵は全数孵化を完了した模様。
春の赤ちゃん飼育は予期していませんでしたが、気候的には過ごしやすくて逆にいいかも。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノノジマイマイ♪
のノ’’<♪フン♪フ♪フンフーン♪
Posted by JAM at 2016年04月18日 00:11
>JAMさん
そのうち、歌にもならないようなフンをしますから(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年04月18日 00:33
増えましたね♪
かわいい(*^_^*)
うちのかたさんは、やっと外が暖かくなった今、「春眠」ですzzz。。。
こんな時期でも爆睡するものなのでしょうか。
声を掛けても起きないのでしばらく寝かせておこうと思っています。
うちもベイベが欲しいです。
Posted by みー at 2016年04月18日 07:07
>みーさん
2匹増えた(^O^)
つか、春眠wwwwwwwwwwwwwww
まあ個体ごとの個性が強い生き物ですので、お寝坊やら出不精やらいろいろいるんでしょうな。
湿度が低ければ膜を張って眠ることがありますが、そうでなければ完全な気まぐれ。好きにさせておけばいいと思いますw
まあでも、1週間以上も寝ている時は、霧吹きで一度起こしてあげましょう(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年04月18日 23:12
気まぐれの可能性もあるのですね。
今はすっかり膜をはり、爆睡4日目です。。。
言われてみると部屋の湿度がやや低いかもしれません。
まだ寝続けるようなら、保湿&霧吹き攻撃してみようと思います(^o^)
ありがとうございますm(_ _)m
Posted by みー at 2016年04月19日 06:34
ぁぃ♂さん

さらなるベビーの誕生、おめでとうございます。
>残る卵の状態は全く変化が無いため
変化が無い、というのは、色がかわっても中に目玉が見えないような状態でしょうか?
1月末の卵、捨てるに捨てられずまだ容器の中にいます。茶色くはなってきたんですが、中に何かいるような気配はまったく見えず・・
私もいいかげんあきらめればいいのにねー(-_-;

あ、夕べ水苔ベッドにもぐっていたウスカワが天井に移動していたので、ベッドの中をチェックしたところ、底に大量の糞があるのみ。
しかし、別の場所の床材のキッチンペーパーがはげしくめくれてるところがあり、よーく見てみれば、その下のメッシュの板のさらに下に3個卵が・・。
きまぐれすぎるっ(><)
Posted by れんげ at 2016年04月19日 20:13
>みーさん
湿度が低いといつでもどこでも膜を張ってしまいます。それは気まぐれではありませんw
乾燥に耐えている状況なので、即刻霧吹きをしてもいいかも。
まあでも即刻死んでしまうような弱い生き物でもないので、そこは安心(^O^)

>れんげさん
そのとーりです。孵化した個体は、孵化には時間がかかったものの、だいたい同じタイミングで孵化しています。これが今回の卵群の"特性"であり、同条件同環境でいまだに孵化の兆しも見えない卵は、時期のずれを考慮したとしてもすでにその範囲を超えていると判断していいと思います。
ただ、以前に1匹も孵化しない卵群が数か月後に一斉に孵化したことがあり、これはこれで"特性"だと思います。孵化状況が他個体との間に差異があるか、そこが判断のポイントになると思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年04月21日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る