2016年04月28日
福寿草にセントウソウが咲く

春先の開花を終えて葉っぱで養分を貯めている福寿草なわけですが、背丈を伸ばして白い花を咲かせている株があります。


福寿草にセントウソウが咲く

かなり小さな白い花が、かたまりになるように咲いています。
仮に福寿草の奇形や突然変異だとしても、ここまでは違いません。いろいろ調べてみたら、セントウソウという花のようです。


福寿草にセントウソウが咲く

これが福寿草の葉。


福寿草にセントウソウが咲く

こっちがセントウソウの葉。
撮影条件が違うのでわかりにくいですが、セントウソウの葉のほうがやや色が薄いです。また、ギザギザがマイルドな感じがします。

この福寿草の鉢は、8年ぐらい前からずっと単独で育てていたもの。今年はじめてセントウソウに気付いた次第。
どこからか何らかの方法で種が舞い込んだことは確定事項ですが、よりによってそっくりな葉の福寿草に舞い込んだせいで花が咲いて初めて気づいたのであります。

とりあえず除去したのですが、掘ってみると1cmほどの球根が出てきました。この育ち具合から、数年前に舞い込んだのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る