2007年06月03日
羽化撮影の舞台裏

最後のアゲハチョウの羽化ですが、インターネットでライブ生中継も同時にやりました。
左上の丸いカメラが、ライブ生中継に使ったカメラです。

下の4枚の画像が、ライブ生中継の画像です。
画質は良くありませんが、15秒に1回静止画を送り続ける方式なので、リアルタイムに見ることができたと思います。

右上は、本ブログ用画像を撮影しているところです。
三脚固定でインターバル撮影をしました。
他の画像にも、このカメラが写っているのがわかります。

左上の画像は、もう1台のデジカメで撮影しました。
左下の画像に、そのデジカメの先っぽが少し写っています。

アゲハの羽化撮影もこれで終わりなので、気合いが入りました。
日曜日に羽化してくれたアゲハチョウに感謝です。

今頃どこで何してんのかな…
タグ:アゲハ 羽化
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(30) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
急に、ナミアゲハを飼育することになった、
にわかママの閻魔ぁい。です。

ブログを見せていただいて、かなり感動いたしました・・・。


先週のこと。
猫よらず(草)に、9匹もナミアゲハの幼虫を発見。
かわいくて、こっそり見ていたのですが・・・、
食欲旺盛なコたちは、はっぱを食べつくしてしまったのです・・・。
猫よらずは、1本しかなくて、かわりの柑橘系の木など、ありません。。。
食料がないと、このコたちは、死んでしまうと・・・。
で、急遽、ミカンの葉をカゴに入れて、飼育しています。

はっぱ、環境が変わっても、なんとか元気の様子。

が!
サナギのコが1匹、茎から、落っこちてしまいました。
このままでは、蝶になれないかと・・・。
どうしたら、よいでしょうか?

もし、よいお知恵を持っていらしたら、お教え下さい。
よろしくお願い致します。
Posted by 閻魔ぁい。 at 2007年09月17日 11:33
閻魔ぁい。さん、はじめましてです(^O^)
すごい名前ですねw…というか、状況もすごいことになっているようなので、さっそくレスレス。

◆ポイントは、ふたつです。
1.サナギの出口をふさがない
2.羽化後ぶらさがれる場所を確保する

◆もっと詳しく
1.羽化はサナギの背中側に亀裂が入り、ハッチが開くようにふたが開いてそこから出てきます。ハッチは30°ぐらい開くので、それだけの空間が必要。
2.羽化後の成虫は、サナギが付いていた枝をよじ登り、そこで羽を広げて乾燥させます。空中に十分な空間が必要。

◆具体例は
A.接着修復法
下の先っぽを枝に接着、上部は木綿糸で復元します。繊細な作業になるので、器用さが必要。接着剤は可能な限り毒性の低いものを。最も自然に近い修復法。
B.三角筒収納法
紙を丸めて三角すいを作り、それを枝に接着してサナギを収納します。三角すいの中で横に寝かせてハッチの空間をうまく作れれば、成功率高し。
C.床放置法
ハッチのある背中を上にして床に置き、頭部のあたりに小枝を固定します。
ハッチが常に上になっているように床面は立体的に作る必要があり。小枝をどう固定するかも悩みどころ。
引力を味方にできないので少し心配。サナギが横転しないようにしっかり置く。

以上です。
羽を広げて乾かすには、90°〜180°の角度が付いたしっかりつかまることができるものが必要です。
成功を祈ります("`д´)ゞ
Posted by ぁぃ♂ at 2007年09月17日 22:44
そうなんです・・・。
HNは、ちょっと怖いHN。。。

へへ。
同じ、ぁいで、失礼致します。

初めてのカキコにですのに、丁寧なお返事コメ、ありがとうございます。。。
涙。。。

Bの方法で、やってみました。

昨日、出かけている間に・・・、
無事!羽化できました。
9匹いたのに、1番に羽化したのが、このコでした。
も〜〜、感動ですね。
あの、緑のイモムシくんが、蝶に!
当たり前だけど、こうやって、まじかで見ると、
生命の神秘というか、不思議というか〜。
あの蝶の模様は、なんて綺麗なんでしょ・・・。
うっとりいたしました。

昨日のうちに3匹、蝶になりました。


実は、昆虫は嫌いではないのですが、
そんなに好きでもなく・・・。
昆虫に遭遇した場合、
ぎゃぁ〜〜っと逃げるほどではありませんが、
触らず、じっと眺めているタイプでした。
昆虫を育てたこともない私でしたが・・・、
何故?アゲハを?で〜。
自分でも、不思議です。

ぁぃさまの、アゲハを育てる環境はすばらしいですねっ。
自分で育ててみて、よくわかりました。



ぁぃさま、本当にありがとうございましたぁ。
ペコっ。



Posted by 閻魔ぁい。 at 2007年09月26日 09:07
Bで羽化成功キタ━(゚∀゚)━!
いやはや、おめでとーございますっ(^O^)
落ちたサナギも人の手で無事に羽化できて、ありがたく思ってるはずです。
たった1匹のチョウですが、長い間大きくなるために葉っぱを食べてようやく訪れた瞬間を救った意味は、大きいと思います。
高等な知能を持つ人間は、こうして他の生き物の命を救えるのです。
昆虫の変態の中でも羽化を目の前で見ることのできたこの経験は、見た人でないと味わえないものです。
閻魔ぁい。さん、すばらしい経験ができてよかったですね。
昆虫は確かに気持ち悪いところが多いのも事実ですが、ほんの少しでも距離が縮まればいいなと思います。
一生懸命だったり、恐怖におびえたり、長い時を待ったり・・・
昆虫も人間と同じことをしてるんだと思えれば、その時点ですでに距離が縮まっていますよ。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年09月26日 21:35

ありがとうございます。。。

本当に・・・。
今回の 幼虫→さなぎ→蝶 との変化をまじかで見て、
育ててみて・・・なんとも言えない気持ちがしました。
無事、蝶になったコを見て、シアワセな気持ちになりました。
・・・自然に、素直に、そう感じました。

昨日、あっという間に、旅立っていきました。
涙・涙・・・でした。

貴重な体験をさせて頂いた・・・と思います。

昆虫に対しての感覚や、大きく言えば、自然・・・に対して、ちょっと違う感覚になりました。
たいしたことはできないけど・・・、
せめて、あのコたちのごはんとして、他の虫たちのごはんとして、花壇に花をいっぱい植えたいと思います。
来年の春も、ネコヨラズ、植えます。
1本じゃなく、もっと植えたいなぁ〜っと。。。

Posted by 閻魔ぁい。 at 2007年09月27日 08:37
アゲハの飼育をしたのは、実は今回が初めてでした。
1齢幼虫が脱皮しながらどんどん大きくなって、ついにサナギになって動かなくなったときの寂しさ、そのサナギの状態で年を越し、ついに迎えた羽化のとき。
魔法をかけたように美しくなり、数時間後には飛び立ってしまいました。

チョウの飼育、はっきり言って寂しすぎます。
カブトムシでもスズムシでも、成虫になってからしばらくはいっしょにいられます。
チョウは数時間です。
この先、たぶんチョウの飼育はしないでしょう。
ちょっと寂しすぎますw
そんなわけで、ヤマトシジミに産卵場を提供するに留まっているわけですw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年09月27日 23:26
こんにちは〜。

蝶。
そうですよね・・・。
あっという間に、飛び立ってしまいますのもの。
マジ、涙。涙。。。です。

最後の1匹が、無事、蝶になりました。
2匹、羽根を乾かすときに、落っこちてしまって、羽根をキズつけたコがいました・・・。
それから、猛烈に考え、さなぎの上に洗濯ネットをたらす・・・ということを思いつき。
洗濯ネットは、つかまりやすいらしく、それからは、みんな蝶になってくれました。

最後のコ(蝶)は、なぜか、高い所にいて、じっとしてます。
ドアを開けても、外に出ません・・・。
怖いのかなぁ・・・。
少し様子をみることにしました。
飛び立ちたいときに・・・がいいかなぁ・・・と思って。
そのコに旅立ちは、任せることにしました。

虫の変態をマジかにすると、この神秘にまた立会いたくなって、また、育てたくなる・・・
そんなキモチになりますね。

でも、来年、蝶は・・・どうかなぁ・・・。。。
とにかく、ごはんのぱっぱは、植えたいと。それだけは、固く蝶たちに誓いますっ。
笑っ。
Posted by 閻魔ぁい。 at 2007年10月03日 10:38
最後のサナギも羽化し、飼育も完結を迎えようとしていますね。
それにしても、洗濯ネットをぶら下げる方法、かなりいいと思います。もっと早く教えてくださいw
洗濯ネットに気づかなかったので、割り箸で苦労しました_| ̄|○
羽化してから飛び立つまでの少しの時間、チョウから何かテレパシーみたいなものを感じませんでしたか?
そのテレパシーが感じなくなるころ、チョウは飛び立ちます。
ものすごく不思議な体験でした。
産卵場や幼虫の食草を植えるのは、いいですね。
こちらから探さなくても、自然とチョウが目の前に現れます。
たまに蛾もいますけどw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月03日 23:23
・・・・・・。
旅立って行きました。
もう、涙。涙でした。。。
号泣・・・に近かったかも。
寂しかったです。

玄関の近くの廊下(ホール)みたいなとこに、幼虫の時から置いてあったんです。
いつも気になって、日に何度も見にいってました。
幼虫の時は、死んでないかな?とか、脱走してない?とか気になり・・・、
さなぎの時は、羽化はまだかなぁ〜っと見に行ったり。
蝶になると、窓のロールカーテンにとまってて、いるかなぁ〜?って確認したり・・・。

みんな旅立って、いなくなっても、しばらく玄関は、蝶がいるような・・・、なんともあったかい空気みたいのが感じられて。
でも、いないんだ・・・っと思うと、とても寂しかった。。。

旅立つ前のテレパシーみたいのは、感じられなかったけど、いなくなっても、しばらくは、蝶たちがいた空間は、たしかに空気が違う、そんなカンジはしました。

みんな元気かなぁ〜。
今日は雨だけど、ちゃんと雨宿りしてるかなぁ〜?

はい。
食草。植えます。
こうなりゃ〜蛾も、どんと来い!です〜。
笑っ。
Posted by 閻魔ぁい。 at 2007年10月04日 19:20
庭にクヌギの木を植えればカブトムシがやってくるかなと思いましたが、スズメバチも来そうなのでやめましたw
カタバミにはヤマトシジミしか来ないので、安心です。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月05日 00:01
アイさんのアゲハ達はすごい長い間サナギでいたんですね。

ワタシの2匹のアゲハ達も10月のいま
5齢虫なので、越冬組だと思います。

でも間違ってこんな寒くなってきたいま
サナギから蝶にかえってしまったらどうしよう?!

なんだか不安でいっぱいです。

アイさんはブログで拝見させていただいた
限りは虫かごを暖房のきいてない部屋に
移されただけみたいですが、それで
大丈夫なのかとても心配です。
Posted by あっこ at 2007年10月13日 16:25
越冬サナギでも気温が高いと羽化してしまいます。
自然の冬の低い気温のもとでの保管が必要です。
家の中の暖房が無い部屋でも、陽射しで暖かくなってしまう部屋もあるので、廊下のようなところがいいでしょう。
オール電化の家は廊下も暖かいので注意ですw
外に小屋があれば、そこがいちばんいいです。
要は、いつも寒いところに置くということです。
あとは、自然の気温上昇にまかせるだけ。
春の花が咲くころの気温になると、いよいよ羽化をむかえます。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月13日 19:24
あい先生、どうしよう?!

2匹いるサナギのひとつの、おなかのあたりが
異様に黒ずんできました。
まるでカビのようにぼちっと2箇所
ブチができてます。左右対称でないので
模様ではありません。

部屋は比較的ひんやりと乾燥してる
ほうです。ただ、そのサナギは
コップで飼ってる間にサナギに
なってしまったので、コップごと
飼育ケースに移してあります。

コップの底にやつらが幼虫のときに
したフンがちょこっと残ってました。
とろうとすると、サナギが体をゆすって
いやがるので、放置状態だったのですが

このフンからカビが発生したのでしょうか?
それともフンにへんな虫が寄生したとか??
うーん、どうしてあげたらいいかわかりません。
あい先生なんか思い当たることはありませんか?
なんかあったらアドバイスお願いします!!
(T△T)
Posted by あっこ at 2007年10月28日 00:39
先生ではなく、永遠の子どもですw
それはともかく、生きているサナギにカビが生えるのは考えにくいと思います。
実物を見ていないので文章からの想像ですが、ひとつは幼虫時代に寄生したハチの卵が孵化して幼虫がサナギの中で活動していることによる細胞壊死。
ただ、寄生している卵も暖かい春に孵化するので、この時期での孵化は普通はありません。
もうひとつは、自然細胞壊死。
病気かちょっとした傷がもとでの壊死です。
どちらにしても、黒ずみ方が異様な場合は、残念な結果になるかもしれません。
どうにもできないので、様子を見るしかありません。
壊死が表層だけで終わればまだ可能性がありますので、このまま観察を続けましょう。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月28日 01:03
え・・えし・・・汗
あのコが死んじゃうなんてとても悲しくて
想像できませんが・・・

もし、この黒ずんだコが寄生ハチに寄生されて
いた場合、もう1匹のサナギと隔離した方が
いいですか?黒ずんだコから出てきたハチが
もう1匹のサナギに害を及ぼす可能性はあると
思いますか?

それにしても寄生ハチに寄生されたのでなくて
ケガだったとしても・・・問題なかったとしても・・・
春はまだまだ先です、心配はつきないです。

(*´д`*)ハァー
Posted by あっこ at 2007年10月28日 22:29
仮に寄生されていたとしても、隔離は必要ないです。
サナギの中から出てくるのは幼虫で、成虫ではないです。
ある日サナギの表面に穴があいているのに気づいて、寄生した幼虫が出てきたことがわかります。
チョウをサナギ状態で飼育している場合、サナギが寄生されている場面に遭遇することは、けっこう多いようです。
自分の場合は、たまたま運が良くて寄生されなかったのだと思います。
ただ、まだ寄生されたとは断言できないので、この後どうなるのか、よく観察してください。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月29日 00:26
閻魔ぁいさんお庭にいるナミアゲハの幼虫を一生懸命助けようとしてるのですねw
感動しました!!(ぇ
「閻魔ぁい」っていう名前はなかよしという雑誌の地獄少女ですね?
ぁぃさんも本当に物知りですごいですねw
ここではカンケーありませんが、うちのカタツムリは明らかにミスジマイマイなので、スピードが遅くてもちゃんと大きくなるでしょうか?
私も蝶の幼虫大好きw
まぁ実際家の周りにいるのは毛虫ですけどね・・・(フッ
10匹くらいいますしー;;
Posted by なおぴぃ at 2007年10月29日 22:29
小さな命を救おうとして頑張っている人たちが、こうしていっぱいいることはうれしい次第です。
ミスジマイマイということですが、成長の速度事態はあまり心配しなくてもいいと思います。
カルシウム分をあげていれば大丈夫です。
キャベツはカルシウムが多いですよ。
http://aiaicamera.seesaa.net/article/39834342.html
葉ダイコンも多いみたいなので、ベランダで栽培中です。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月30日 20:32
あい先生〜・゚・(ノД`)・゚・。
やっぱり寄生ハチでした。

今朝どんどん黒ずんでいくサナギから
3匹のデブデブうじ虫が出てくるのを発見!!
すっごーーーーーい憎かったです(メ-_-)

でもこんな時期にでてくるんなんて
どうしたのかしら???

サナギの中はもうカラカラでした。
うううう・・・可哀想に・・・涙

とりあえず、なきがらと、にっくきうじ虫を
処分して、もう一匹は、ひとりっこになって
しまったので溺愛することにします
(o ̄ー ̄o) エヘ

でもさすがあい先生だな〜 あたってましたね
初めてのアゲハの飼育、こんなに広い知識を
もってるあい先生にこのブログでお会いできた
ことを感謝します。もうワタシ最近すごい
虫オタクとまわりに言われています(笑)
アゲハに夢中です!!
これからもあい先生を応援していきます♪
Posted by あっこ at 2007年10月30日 23:34
寄生バチでしたか…。
自然界は食うか食われるかなので、どうしてもそういう場面に遭遇したりします。
たった2匹のうちの1匹ということで、残念でした。
残った1匹は無事に羽化できることを祈ります。
最後になりますが、ぼくを応援するよりアゲハを応援してあげてくださいw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年10月31日 23:55
今日の昼間にアゲハが変色していました。
えっ!?もう羽化なのかな?!
早まるなよ〜
最近あったかかったからな(汗)

・・・と思ったら、でっかいウジ虫が
水槽の底をはいつくばっていました。

また寄生されてしまいました〜
・゚・(ノД`)・゚・。

春を楽しみにしていたのに・・・アゲハも
ワタシも・・・

ショックで立ち直れません

春になったら、あい先生はいろんな
生命の誕生をまたここで伝えてください

また来ます

Posted by あっこ at 2008年03月14日 21:56
自然の摂理とはいえ、待った結果としての運命はショックですねー…。
寄生した側も冬眠していたんでしょう。
世の中のサナギの何割かは寄生される運命にありますが、待っていた時間と比べると受け入れがたいというのも事実です。
また次の新しい生命の感動があっこさんに訪れるよう、祈りたいと思います。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年03月16日 00:51

お久しぶりです。
閻魔ぁいです。
ぁい♂さま、おげんきですか??

また…蝶の季節がやってきましたぁ。
花壇の猫よらずは、見事に葉を茂らせています。
来ましたよ♪ナミアゲハたち。。。
あ、秋にも来ましたよ。
今は幼虫が5匹くらいいます。
緑色のかわいいやつが、葉をむしゃむしゃ食べています。
葉っぱがいっぱいあるので、どんなに食べても大丈夫☆
安心です。

幼虫。
初めて触った時は、角みたいのを出して威嚇するのですが
2回目に触った時は、威嚇しないんです。
いつも不思議で…
危害を加えないって解かるんでしょうか?



みんな無事に蝶になれますようにと…毎回思います。


ナミアゲハの季節になると、
家で育てていたことを思い出します。
ちょっと、懐かしかったり…

突然…失礼致しました。
(*^ω^)ゞ



Posted by 閻魔ぁい。 at 2009年06月24日 09:14
>閻魔ぁい。さん
お久しぶりです(^O^)
今年もアゲハ観察ができそうですね。
ケースの中でなく、庭の樹木でこっそり観察できるところがいいと思います。
羽化した成虫の姿を見ることができればいいですね(o^-')b
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月25日 00:20
あいあいさま、こんばんは、私は京都在中のアクセサリー作家です。うちのバルコニーには、2年になるみかんの木があって、よく見るとたくさんの青いイモムシ!!4匹いたのですが、いつの間にかいなくなってしまい、一匹だけになってしまったのを、ついにケージに入れました。
無事に蛹、そして羽化することを祈って・・・
あいあいさまの、すばらしーブログほんまに参考になりました。おおきにです。
Posted by YUU at 2009年09月15日 23:11
>YUUさん
はじめましてです(^O^)
おお、アゲハが今サナギなのですね!
寒くないところに置いておけば、秋型のアゲハとして羽化すると思います。
寒ければ、越冬サナギになるので来年の初夏に羽化です。
つかまるところと羽根を広げる空間を確保して、羽化の大成功を祈りますっ!(^−^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年09月16日 00:59
おおー!!!特設スタジオで撮影されていたんですね。びっくり〜(ノ゚ο゚)ノ!
私のところの幼虫たちも「ぁぃスタジオ」で撮ってもらいたいですぅ。かわいい子たちをさらにかわいく観ることができ、もう垂涎ものでしょう(*^^*)。メイクとセットをして連れて行きますので、よろしくお願いしまあす(^o^)/。
Posted by ニンジン at 2011年08月21日 09:00
>ニンジンさん
特設スタジオというか、ただの廊下でございますw
最後の羽化ということで、カメラも全機フル出場なわけです。
まあ、日曜日なのでゆっくり撮影できたということで、この日を選んでくれたアゲハに感謝なのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月21日 21:58
こちらのブログ拝見させて頂き
とてもとても参考になりました!
載せて頂きありがとうございます。

最近、家のベランダの鉢植えのレモンの木の
葉の上に鳥の糞に似た幼虫が5匹ぐらいうごめいている事に気付きました。この幼虫は何かとネットで調べているうちにコチラのブログにたどり着きました。

こちらのブログそっくりそのままの幼虫でして
多分アゲハかと思います。

どうしよう。。。
私あまり虫は好きではないのですが
だけれど蝶はとても奇麗なので好きです。
ですが、うようようごめく毛虫の様な
幼虫さんはやはり苦手だなぁ。と心情に矛盾が
混在している中このまま鉢植えのレモンの
木の葉に幼虫を付け育てておくべきか
悩んでいます。

しかも成長期の最終段階第5期には
凄い量の葉を食べると知り
レモンの木も食べ尽され枯れるんじゃと
心配です。
元々レモンの木は私がレモンを収穫して食べたく購入した鉢植えだったのですが。。。
まさか私よりアゲハさんの好物だったとは!!

アゲハ用の柑橘系の植木用意して
幼虫たちを移動すべきか悩み中です。

私が昆虫飼育するとは
想定外な展開になりそうです。

非常に参考になるブログでした。
感謝します。
Posted by アゲハちゃん at 2013年08月14日 20:08
>アゲハちゃん
優先順位の通りに並べて、その順番通りに行えばいいと思いますw
あとは時間とお金と忍耐と冒険のバランスを自分なりに整備していけば、トータルでベストな結果になると思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年08月15日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る