2016年06月04日
ハマキガはミダレカクモンハマキか?

ユスラウメの枝を歩いている幼虫を発見。前にここで書いた幼虫と同じ種類なのでしょうか。ちなみに、前に書いたあの幼虫はまだそのままの状態です。あの幼虫が大きくなるとこうなるのでしょうか。
もしかしたら似た別の種類かもしれませんが、同じハマキガのなかまである可能性は高いです。


ハマキガはミダレカクモンハマキか?

ちなみにこれはミダレカクモンハマキだと思います。


ハマキガはミダレカクモンハマキか?

さらに探していると、サナギの殻がありました。長さは1cm。すでに羽化した後で、中は空っぽです。
このサナギの殻がくっついている部分をよく見ると、巻いた葉の中から出てきたようにも見えます。サナギになる直前の幼虫が葉から出てきて、巻いた葉の外でぶら下がるように蛹化し、そのまま羽化したようなかんじです。
今後もさらなる観察が必要のようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る