2016年06月19日
ミノムシ発見

こりゃまたずいぶん目立つところに陣取ったものだと驚いたのですが、長さが2cmのミノムシです。
小枝や樹皮を丁寧に貼り付け、見事な作品に仕上がっている次第。オトシブミなんかもそうですが、芸術性の高い作品の作者は益虫であれ害虫であれ普通に尊敬するので、問答無用で放置なわけです。


ミノムシ発見

こっちにもいました。付いていたのはキンロバイの木。さっきの写真もこの木に隣接した場所なので、恐らくこの木で育ったのだと思います。
もちろんこのミノムシも完全放置。元気に育てよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真にあるどちらのミノムシさんは、なかなかにオシャレさんですし、それぞれ違う環境での佇まいが素敵です。
…しかし先日、実家に帰省した際、モッコウバラに大量発生したミノムシを父がガッサリ捕獲しコンクリートの上に鳥の餌?として放置していました・・・
流行の服を皆がしていると、もはやオシャレではなくなるのを嫌ったオシャレポリス(父)が退治してしまったようです!?
Posted by ○茶 at 2016年06月20日 14:26
>○茶さん
ミノムシは時に大発生するので、その時は徹底駆除しかないですねー。
鳥も思いもよらぬ旬のごちそうに喜んだことでしょうw
マイマイガもそうですが、中発生の時にできるだけ駆除しないと翌年に大発生を迎えるので、オシャレポリスさんの判断は正解ですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年06月21日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る