2016年07月13日
キュウリの収穫&奇形果発生

ベランダには強風に怯える緑のカーテンができています。台風来るなよー。


キュウリの収穫&奇形果発生

上がつやみどり、下が夏すずみ。本日合計6本の収穫。

■ 今日までのキュウリ収穫メモ
  つやみどり 15+2=17本
  夏すずみ   6+4=10本

右下の1本が奇形です。家庭菜園はこれがあるからおもしろいw


キュウリの収穫&奇形果発生

2本のキュウリがくっついてます。


キュウリの収穫&奇形果発生

へたのあたりからすでに癒着開始。


キュウリの収穫&奇形果発生

癒着は続く。


キュウリの収穫&奇形果発生

先端になってようやく分化。このように花はふたつ咲いているので、2本がくっついた形となっています。
調べてみたら「奇形果(双子果)」というもので、花芽分化初期に低温だったりすると発生するらしいです。
そういえば、一か所の節から雌花が2個咲いていたところが何か所かあり、それらが生まれる頃に低温があったということなのだと思います。


キュウリの収穫&奇形果発生

CTスキャンを実施。左がへた側、右が先端側。
種の形成が通常の実よりできていない現象が、へた側に顕著に出ています。逆に先端側は細い割には種の形成が進んでいます。
実際に食べてみると、やはりへた側は硬く、先端側はやわらかいかんじ。全体的には皮がすごく厚い状態でした。
味は通常のキュウリと同じだったので、味噌をつけておやつにした次第。もぎたてキュウリはビタミンCが多いのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る