2016年08月27日
庭のツユクサ

種を蒔いた記憶は無いのですが、庭の複数箇所でツユクサが咲いています。背丈もあって横に広がる植物なのでじゃまと言えばじゃまなのですが、花がきれいなので抜かないようにしています。


庭のツユクサ

上部にある3つの黄色い部分が雄しべ、その下の1個も雄しべ、最下部の2つも雄しべです。最下部の真ん中は雌しべ。


庭のツユクサ

上部3つの雄しべには受粉機能は無いとされていますが、花粉は作られます。昆虫へのプレゼントでしょうな。その下の1個のおしべの花粉には受粉機能があるとされています。


庭のツユクサ

最下部の2本の雄しべにも受粉機能があるとされています。ここの雄しべは大量の花粉があり、すでに雌しべの先に花粉が付着しています。3種類の雄しべを持つツユクサの花。神秘的と言うか巧妙と言うか、不思議な花です。
自分がツユクサなら、上部のおとりの雄しべで昆虫を呼び込み、花に止まった時の振動で最下部の高性能な雄しべを揺らしてすぐそばの雌しべに花粉を付着させるようなことを考えるかもしれません。


庭のツユクサ

今日も昆虫が花に止まっています。おとりの花粉を食べている時に最下部では受粉完了なわけで、ツユクサとしては頭脳プレー大成功なわけです。あくまでも想像ですが。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3種類の雄しべ!凄いな。。。
一見ムダなように思える存在にも巧妙な必要性や、周りとのバランスを保つため存在するゆとりさえ感じて…尊敬します。

あ、露草と言えば友禅染の下図を描くのに、青い花の汁を使ってた(乾くと描いた下絵が消える)人間との関わり。
その「はかなさ」が、かえってたくましさをも感じてしまいました。
Posted by ○茶 at 2016年08月28日 14:16
>○茶さん
植物の花も知れば知るほど非常に興味深いものがあります。
いかに受粉させるかの知能が、昆虫レベルなわけです。
つか、乾くと下絵が消えるとか初めて知りました!かなりびっくりです。
ツユクサはまだまだ不思議がいっぱいですな。深入りしそうで怖いですw
Posted by ぁぃ♂ at 2016年08月29日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。