2016年11月01日
オオモンシロチョウの幼虫が蛹化

ふたの裏に移動したオオモンシロチョウの幼虫がどうなったか見てみました。


オオモンシロチョウの幼虫が蛹化

おお!無事にサナギになった次第(^O^)


オオモンシロチョウの幼虫が蛹化

黒い斑点は引き継ぎつつ、幼虫時代の大きさより半分の2cmぐらいになりました。


オオモンシロチョウの幼虫が蛹化

横から見たようす。ふたの隅なので真横からは見えませんが、翅になる部分が少し見えます。


オオモンシロチョウの幼虫が蛹化

幼虫時代の抜け殻。右側が頭部です。


オオモンシロチョウの幼虫が蛹化

部屋の中に置くと羽化しそうなので、車庫に移動した次第。
来年の春に羽化すると思われますが、寄生されていないことを祈るのみです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寄生されたコの特徴っていうか
すんなり蛹化の場所に行けずなーんかモタモタしてますよねぇ。

モンシロさんは大抵場所探して登ってる途中で・・・な状態でこと切れること多いような。
無事春を迎えれますよーに 
( ゚Д゚)ノ⌒D┃奉納┃
Posted by guwa at 2016年11月04日 01:58
>guwaさん
わかる!サナギになる場所を探している時と微妙に歩き方が違う感じ。
立ち止まり方もなんか一回一回時間が長い感じですな。
オオモンシロはモンシロよりも寄生率が高いらしいので、まさに祈るばかりなのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年11月04日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。