2016年11月21日
ご存知の方も多いと思いますが、「犬の十戒」という詩をちょっと載せてみます。
人は生き物を飼う時に人間目線で物事を考えがちですが、飼われる生き物のことをよく知り、飼われる生き物の立場になりながら接しなければならないと思う次第。たとえ相手がカエルであっても虫であってもです。



犬の十戒

私の寿命は、10年。長ければ15年。
何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで
少し時間をください。

私を信頼して下さい・・・それが何より嬉しいのです。

私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど
私には・・・あなたしかいないのです。

時には私に話しかけて下さい。
たとえ、あなたの話す言葉は分からなくても、
あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのかが分かるのです。

私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

私を叩く前に思い出して下さい。
私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、
決してあなたを噛まないようにしているということを。

言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に
そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか
太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

私が年老いても、どうか世話をして下さい。
私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
そんなこと、言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、私はどんなことも安らかに受け入れます。

そして、どうぞ忘れないで。
私がいつまでもあなたを愛していることを。

作者不詳
タグ:犬の十戒
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 真剣考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第二次反抗期のウチのツンデレ野郎と最近うまくいってないのですよね。

わたしにはあなたしかいない、
わかっちゃいるんだけど仕事で帰れないんだよぉ(-_-;)
なんつか独り身の限界だよなぁとしみじみ思う件。

ところでウチの場合は自分より長生きの可能性もあるので、
それはそれでシンパイです・・・
Posted by guwa at 2016年11月21日 19:04
>guwaさん
まさかの人間比喩に笑ってしまいましたが、笑ってすまんですw
人間は文字を持ち、それを言葉にして発することができるので、多様な形容詞や副詞を持つ日本語を使って行間に色を付けながら人は暮らすのだと思います。
アナログな生き物に現れる現象には必ず波というものがあるので、笹船に乗りながら景色を眺めてみるのもいいかも(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年11月21日 21:06
あいや・・スマソ 二足歩行じゃなくていわゆるコンパニオンバードですwww
うちのヨウムは仕事飲みで遅くなると
「ねぇ?仕事 ふーん・・・し ご と?」
とマヂに聞いてきます。
どこで覚えたのかは知りません(;・∀・)

売れ残りのヤツを迎えたのは2000年、今年まだ16歳ってかwww
寿命40年以上、正直見送ってやりたいんですが・・・
Posted by guwa at 2016年11月22日 02:49
>guwaさん
なんと!ヨウム様のことでしたかっ!!!!!!!!!!w
てっきり遠方さんのことかと思い、これはこれは恐縮した次第。
OPS-50レーダーの話でもして慰めようと思いましたが、またの機会にしときますw
何はともあれ、ヨウム様よりも長生きしていただきたい次第なのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年11月22日 19:24
犬の保護施設に行った時知ったのですが、犬猫が捨てられる理由ベスト3は、結婚、子供、介護(犬の介護が必要になったから)だそうです。

長年連れ添い、寂しい時に側で支えてくれた者をへとも思わないのですから、動物目線どころか、人目線にすら立てない人間が多い世の中ですね。

この十戒も保護施設で見ました。わかる人には痛い程わかりますが、わからないない人には痛くも痒くもない言葉なのだと思います。

信頼してる人に裏切られ、挙句死を望まれるって最悪の人生ですよね。あ、犬生か。しかも二酸化炭素でジワジワと…らしいですよ。
暗い話でスマソm(_ _)m
Posted by R at 2016年11月22日 21:27
>Rさん
生活の変化の都合で何かを手放す発想が生まれることはわかりますが、同じ発想で親兄弟を手放すことができるかということですな。
もしここで相違があるとすれば、家族か家族でないかということになり、家族でないとすればそもそも当初から飼う資格は無かった人間であったということですな。
悲しい運命になる生き物が1匹でも減ることを祈るばかりなのであります(-_-)
Posted by ぁぃ♂ at 2016年11月23日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る