2007年06月11日
カタツムリの赤ちゃん成長中
先日掲載した赤ちゃんケースですが、写真のようにふたに穴をあけました。
ラップを張って穴をあけることを考えていたのですが、掃除の際に開け閉めするのがめんどいような気がして、直に穴あけです。

カタツムリの赤ちゃん成長中
掃除したての撮影ですので食べたようすは無いですが、普通に穴が開くほど食べるようになりました。

赤ちゃんを飼育してわかったのですが、あげるキャベツは板状のものがいいです。くしゃくしゃした部分をあげると、掃除のときにものすごく大変です。
食べ残したキャベツを取ると、そこには数十匹もの赤ちゃんがくっついており、それを丁寧に一匹一匹取ります。これだけでも大変ですが、くしゃくしゃしてるキャベツの場合、まるで事故車のレスキュー救助状態になります。
いないかぁー?返事しろー?と折り重なった葉っぱをひろげると、いるいる!
それをまた一匹一匹救助するわけですが、葉っぱを持つ位置にも注意しないと、裏側の見えないところや別の溝のところにもいたりで、とんでもなく神経を使います。
おかげで今日の掃除は30分もかかりました。

で、掃除し終わった写真が上の写真で、さっそくキャベツに群がる赤ちゃんというわけです。

.........@ノ”<そろそろバナナの味も教えてちょうだいお


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(29) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです〜。
遅くなりましたが産卵&孵化おめでとうございます^^
そうそう、赤ちゃんは掃除中はケースから出ようとするわ、
こんなところに?!と思うような隙間に入り込んでいるわで、大変です^^;
イカの甲をあげているからか、赤ちゃんの殻も丈夫で
「あっ、壊れちゃったかな?」と思ってもピンピンしていたり……。
ウチにいる子は大分大きくなったので、糞の始末がとても大変です(笑
ぁぃさんの飼っている子は、赤ちゃんでもちょっと大きめですね。
ウチの周辺には大きい子はいないので、
違う種類のカタツムリが育つのを見るのも楽しいです。
これからも頑張って育ててあげて下さい^^
Posted by るみ at 2007年06月14日 02:44
お久しぶりです。
小さいのに動きが早いので、すぐ出ようとして油断できないですよねw
イカの甲羅はいいですね。たぶんですが、吸収率も高いと思います。ダシも効いてるかもw

親が4〜5cmある種類なので、赤ちゃんも少し大きめのようです。
日々成長ってかんじで、どんどん大きくなっていく様子は見てて楽しいです。
るみさんもがんばってくださいねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月14日 20:17
はじめまして。
先日ベランダの枝豆の葉の裏にかたつむりを発見。はじめはしばらく観察したら戻すつもりが
結局飼い始めてしまいましたw
必死に検索してこちらにたどり着き、勉強させていただきました!
(うちの子は1.5cmくらいのおちびさんなのですが)
また来させていただきます^−^
Posted by かな at 2007年06月16日 06:33
かなさん、はじめましてです。
カタツムリの飼育開始、おめでとうございます。
動きがゆっくりなので、見てて和むのがカタツムリです。
自己満足なブログですが、少しでもお役にたてればうれしいです。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月16日 13:43
キッチンペーパーを濡らしてしいてあげたら
ぺりぺりと食べている様子^^;
ケースのふちまでは行くけど絶対でない。
変わった子ですw
Posted by かな at 2007年06月17日 01:05
紙というと人工的なものっぽいですが、もともとは木だということを考えると、繊維摂取の一環かもしれませんw
とりあえず食べてみたといったところでしょうかw

うちのカタツムリも掃除中にケースを上ってきますが、しばらくぼくを見たあとに縁を半周くらいして降りていきます。
実は住みやすい環境をちゃんと考えて判断しているような賢い生き物かもしれません。
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月17日 02:03
初めまして。
二日前に職場でかたつむりを見つけて持ち帰り、3才の子供と一緒に飼い始めたばかりのちびたと申します。
飼育方法も何も分からなかったのですが、ぁぃぁぃさんのブログは写真や動画が沢山あってとても参考になりました!
すでに大人のかたつむりみたいなのですが、子供よりも私の方が餌を食べているかとか気になってます(笑)
明日にでもイカの甲を買いに行く予定です。
これからも参考にさせて頂きますのでよろしくお願いします。
Posted by ちびた at 2007年06月17日 21:28
ちびたさん、はじめましてです。
この時期は、本屋さんに行くとカブトムシやクワガタの本は山積みされていますが、カタツムリの本はなかなかありません。
個人的な趣味のブログですが、お役に立てればうれしいです。
楽しく飼育できればいいですね(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月17日 22:37
どもw
どうやらカタツムリちゃんの交尾は定期的にやるそうです。
今日またやってました。
ま・・・また卵増えるのか・・・?
ヒィ((((;゚;Д;゚;))))ヒィ
Posted by なおぴぃ at 2007年06月21日 23:08
ちなみに、うちではすでに6〜7回の産卵を確認しました( ^Д^)
3匹が産んでいるようです。
でも、最近急に産まなくなりました。
冬眠明けから初夏の間だけ産卵するのかもしれません。
夏はカタツムリは夏眠するので、産まなくなったのもそのためだと思います。
卵、覚悟したほうがいいですw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月21日 23:14
はじめまして!京都からです。
最近、カタツムリを見かけなくなりました。
あたしが子供の頃は雨になったら壁にカタツムリが沢山這っていたもんです。やはり少なくなったんでしょうか?気のせいでしょうか・・・
今日は雨の中、外での仕事でふとカタツムリを2匹発見。嬉しくなって持ち帰りました。
まだまだチビッコですが、立派なカタツムリに育てたいと思います。
飼育方法、参考にさせて頂きます^^
Posted by aiaiaiko at 2007年06月24日 21:54
aiaiaikoさん、はじめましてです。
昔と比べると、野原の減少や農薬の増加で個体数は減っていると思います。
また、大人になって、子どものころのように自然を注意深く見る時間が無くなったことも関係あるかもですね。
昔は見つかるほど多くいたのに、最近は見つけにくいし見つける時間も無いといったところでしょうか。

カタツムリ飼育開始、おめでとうございます(^O^)
カタツムリをじっと見てると、まさにスローライフが実践できますので、楽しんでくださいw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年06月24日 23:36
ご無沙汰しております。以前コメントさせていただいたかなです^−^
その後ですが・・・6匹に増えましたw
ベランダから移住です。小さい子が大きい子の背中に乗ってる姿をよく見かけます。
もちろん携帯の待ち受けになりましたw
Posted by かな at 2007年07月09日 02:25
けっこういるようですね。
カタツムリはカルシウム摂取のために、石灰石の多いところでよく育つそうです。
コンクリートブロックとか、コンクリート建造物があれば、好んで住み着くらしいです。
かなさんのベランダを食べているのかもしれませんw
でもかわいい待ちう受けゲットみたいなので、ゆるしてあげましょう(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2007年07月10日 00:01
プランターに入ってる土に石灰石的なものが混ざっていたような・・・。それかっ!!w
ケース飼育の場合、カルシウムの摂取源はどうしたら最適でしょうか?うちのおちびさん達にも
健康に育って欲しいです>ω<
Posted by かな at 2007年07月12日 01:24
それだっΣ(゚д゚lll)
軽石が入っている培養土もあるので、まさにバイキング状態で天国だったのでしょうw
ケースの場合、おすすめはカットルボーンです。
小鳥用のカルシウム(イカの甲)です。
ペットショップやホームセンターで100円ぐらいで2個入ってるので、安いです。
あと、タマゴの殻を砕いたものも、よく食べます。コンクリートの破片でもいいです。やや信じがたいですが、ブロック食いますw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年07月12日 03:02
はじめまして。
とても上手に飼育されてて、凄いですね。
そこで、ご相談なのですが、、、。
ウチは、娘が、学校の授業で、かたつむりを飼い始めたのをきっかけに夏休みも観察しよう!ということになったのですが、最近、元気がない?というか。
食欲がないらしく。餌を食べません。
こころなしか、頭が出ている方の殻のふちが、紫色に変色してきたようにも思えてきて、、、。
これって、病気でしょうかね?
どうしたら、よいでしょうかね?
何か知っていたら、教えてください。
よろしくお願いします。
Posted by こりぼん at 2011年07月22日 14:17
はじめまして。
とても上手に飼育されてて、凄いですね!
そこで、ご相談なのですが、、、。
ウチは、娘が、学校の授業で、かたつむりを飼い始めたのをきっかけに夏休みも観察しよう!ということになったのですが、最近、元気がない?というか。
食欲がないらしく。餌を食べません。
こころなしか、頭が出ている方の殻のふちが、紫色に変色してきたようにも思えてきて、、、。
これって、病気でしょうかね?
どうしたら、よいでしょうかね?
いろいろ調べてみたのですが、なんも分からなくて、、、。
何か知っていたら、教えてください。
よろしくお願いします。
Posted by こりぼん at 2011年07月22日 14:25
>こりぼんさん
はじめましてです(^O^)
夏眠なのかどうか、ここで比べてみてください。
http://aiaicamera.seesaa.net/article/22064953.html
紫色の件ですが、「クチベニマイマイ」で検索して、出てきた画像と比べてみてください。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月22日 21:05
早速、ありがとうございます!!
凄いです!!!
まさに そうでした!
目から、ウロコです!
夏眠なんて、あるんですね。
しかも、かたつむりの種類さえ知らなかったです。
とても勉強になりました。
夏眠となると夏休みの自由研究は、無理ですよね。
娘とも相談してみます。
本当にありがとうございました。
Posted by こりぼん at 2011年07月23日 07:35
>こりぼんさん
カタツムリってマイナーな生き物なので、夏眠という言葉さえ普通はわからないですもんねw
となると、夏休みの観察には向いていないかもしれませんw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月23日 23:12
はじめまして(^^)kです
かたつむりについてききたいことがあるので少し皆さん教えてください

かたつむりの赤ちゃんが1匹しか飼っていないのに6回出産しました(>v<)
このかたつむりはどうやって出産したのでしょうか?
また赤ちゃんはどうやってかえばいいですか?

誰か教えてください!おねがいします!
Posted by k at 2011年09月07日 18:36
>kさん
はじめましてです(^O^)
どんなカタツムリかわかりませんが、産卵したのであればそのカタツムリは大人のカタツムリです。
また、カタツムリという生き物は雌雄同体(オスでもありメスでもある)なので、自分ひとりで産卵し、その卵から赤ちゃんが産まれたりします。
自分が今飼っているパツラマイマイというカタツムリも、ひとりで産卵して赤ちゃんが産まれました(^O^)

また、赤ちゃんの飼い方は親カタツムリと同じですが、エサはできるだけ柔らかい野菜をあげてください。それでも心配な場合は、キャベツの葉脈の太い部分を縦に半分に切り、断面から水分(栄養分)を摂れるようにすれば安心です。
小さいうちは乾燥にも弱いので、濡らしたキッチンペーパーなどをケース内に敷けば湿度が保たれます。
注意することは、大きな水滴があるとその水でカタツムリが溺れて死んでしまいます。霧吹きをするときは殻の大きさの半分程度の水滴になるようにし、それが無理なら霧吹きはもっと大きくなってからにすればいいと思います。
あと、産まれた直後から育ち盛りなので、カットルボーンや卵の殻を粉状にしたものなどでカルシウムの補給もすれば、丈夫な殻を持つカタツムリになりますよー。

カタツムリは親でも赤ちゃんでも、殻を急に強く引っ張ると体が抜けて死んでしまいます。動きがゆっくりな生き物ですが、人間の時間の速さをカタツムリに合わせながら、のんびり飼うのがいいと思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年09月07日 19:20
お返事ありがとうございます(^^)
とても役に立ちました

もうひとつ質問したいのですが・・・
かたつむりの寿命ってどれぐらいですか?
教えてください!おねがいします!
Posted by k at 2011年09月13日 19:02
>kさん
寿命は種類によって違いますが、一般に小型の種類は約1年、中型や大型の種類は2年〜3年と言われています。
今飼っているアオモリマイマイは2年ぐらいで★になります。
ウスカワマイマイは1年と言われていますが、2年生きていたという報告もあります。
初夏に孵化したか初冬に孵化したかによっても、寿命は変わってくるような気もしてます。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年09月14日 01:21
はじめまして!2年前からうすかわマイマイを飼っていている者です。初めの1年は1匹でしたが、かわいそうに思い、知り合いから1匹もらい、2匹仲良く暮らしていたところ、卵を産み、本日無事孵化いたしました!
うすかわは特に小さいですよね?
湿気のほかに、とくに気をつけることがあれば、お教えくださいm(__)m
Posted by yamauchi at 2015年03月04日 16:46
>yamauchiさん
はじめましてです(^O^)
まずは孵化おめでとーございます。ウスカワということで赤ちゃんも一層小さいと思いますが、飼育の楽しみ方が増えること間違いなし。存分に楽しんでくださいねー(^O^)
注意点ですが、湿気以外に何点か書きたいと思います。
■水死注意
カタツムリは気孔が水の中に長くあると水死します。キッチンペーパーに溜まりすぎた水やケース内側に付いた大きな水滴には注意かも。
■不快指数は快適指数
予想以上に乾燥に弱いので、ジメジメ以上ジトジト未満がいいかも。数日なら密閉してもいいくらいです。フンや食べ残しから発生するガスを逃がすことは、頭のどこかに置いておきます。
■基本的に死にません
カタツムリは順応性に長けた生き物なので、外的環境に上手に対応します。死ぬということは病気が寿命。それ以外ならよっぽどの理由があるはず。万一その理由が発生したら迅速な措置が必要。蔓延すると大量死になりかねません。(腐敗した食べ残しが出す毒素には注意)
■根気と根性
掃除のときは相手が小さいので大変です。1時間かかる覚悟でじっくりやりましょうw
Posted by ぁぃ♂ at 2015年03月04日 18:55
お返事ありがとうございます!
こんなに丁寧に教えて頂いて、本当に感謝です!
ゴマ粒のように小さく、固まっていると、死んじゃったのか?とどぎまぎしながら、見守る毎日でしたが、
結構強いんですね♪
待望の赤ちゃんなので、楽しみます^^
Posted by yamauchi at 2015年03月05日 19:24
>yamauchiさん
小動物をかわいがる心に老若男女無し。いっぱい楽しんでくださいねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年03月06日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。