2017年01月14日
カブ幼虫に携帯カイロ追加

暖房の無い室内に置いているカブ幼虫の飼育ビンですが、寒波襲来でかなり寒くなっているので室温を見てみました。


カブ幼虫に携帯カイロ追加

6℃!!!ちなみに撮影時の外の気温は氷点下8℃です。
カブ幼虫の冬の飼育温度としては5℃ぐらいが限度だと思いますが、許容値ギリギリでも幼虫は寒いと思うので、保管箱の中に携帯カイロを置くことにした次第。


カブ幼虫に携帯カイロ追加

隙間に詰めている新聞紙の筒の上に設置。温度計も中に入れて箱のふたを閉めます。


カブ幼虫に携帯カイロ追加

約6時間後の状況。箱の中は8℃になっていました。ちなみに撮影時の外の気温は氷点下2℃。
6時間で2℃しか上がっておらず、あまり効率の良い方法とは言えません。
気をつけなければならない点は、狭い密室に携帯カイロを設置することで酸素も減ることになります。酸欠具合がどの程度影響するのかは不明ですが、一定の換気は必要かも。
他の手段としては、昆虫用パネルヒーター電気アンカになりますが、使うならより精密な温度管理が必要になりそうです。はてさて、どうしましょうかな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
氷点下8℃!
さすが岩手(-_-;
この土日はこちらでも雪が降り、今朝は道路がツルツルでした。
カタツムリたちはエサももりもり食べて元気な様子ですが、カタツムリハウスの温度と湿度管理をきちんと見ていかねば!
ぁぃさんの過去記事を見返して冬対策します。
今から冬対策は遅いか(^^;
Posted by れんげ at 2017年01月16日 11:11
>れんげさん
全国的に寒波ですよーw
カタツムリの冬対策は、冬眠させるかさせないかの2パターンですな。
管理方法は両者で違ってきますが、カタツムリがどんな態度でいるかが判断のポイントかも。
やっぱり、いっぱい観察していっぱい会話するのが最善の結果を生むのかも(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年01月16日 21:50
ぁぃさーん!
よし、いっぱい観察していっぱい会話するぞー!
と帰宅してケースを覗き込んだら
うひゃー!また卵産んでました。
竹炭の下にもぐって竹炭をひっくりかえしたり、床材のキッチンペーパーをめくってその下にもぐろうとしていたので、もしや・・とは思ってたんですが。
別の1匹もケースの隅に目のない顔をびとーっとくっつけていたのと、別のカタツムリがお産婆さんのように横にやってきて寄り添ったので、こっちもまさか・・・
と思ったら今朝になってやはり卵を産んでました。
合計で100個以上
4匹で1000個超えました。
てなことで、今のところ環境は悪くない模様(-_-;
Posted by れんげ at 2017年01月17日 14:17
>れんげさん
1000個wwwwwwwwwwwwwwwww
どんだけ住みよい住環境なんですか(^Д^)
もし対策が必要なら、自然環境の厳しさを再現するのもいいかも。暑さ寒さ、乾燥、飢餓などを刺激程度に与えるのであれば、問題ないと思います。
一番安全なのは乾燥かも。自己管理能力の高い生き物であるカタツムリは、膜を張っていったん閉じこもりますが、暑さ寒さよりははるかに体への負担が少ないです。
閉じこもっている間は産卵はしないので、ここで制御効果が出るはずです。
普通はここまではしませんが、1000個となるとかなり疲れたはずなので、少し休ませるのもいいかもですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年01月19日 01:12
カブトムシの記事なのに、カタツムリの話になってすいません。
卵産んだ翌日に、また2匹がほっぺくっつけあって・・・
仲がいいのはいいんですが、仲良すぎます(;_;)
湿度は考えてみます。
ケースの横や天井についているさつまいもの糞が乾燥していることがあるので、去年よりは湿度は低いのではないかと思うんですが
あと、さつまいもとかのでんぷん系のえさはちょっと控えようかなぁと・・
ノラのカタツムリは穀物とかイモとか食べないですもんね。
エスカルゴ牧場では早く大きくするためにトウモロコシや大豆などを与えてるようで。
でも、さつまいもしか食べない2母はこんなことなかったですもんねぇ。
ウスカワだからかなぁ?
ウスカワといえば、またうちのウスカワ達は殻口からうっすらとハゲが始まっています。
画像掲示板の、しまさんのウスカワさんもハゲてましたもんねぇ。
飼育のウスカワは、なにか足りないとこういうことが起きるのかもしれません。
衛生面に不安はあるんだけど、また土のベッドを入れてみようかとも思ってます。
Posted by れんげ at 2017年01月19日 23:07
>れんげさん
サツマイモのフンによる乾燥度合いの判断、デンプン系を控える措置、ウスカワへの土のベッド、すべて良い措置だと思います。
ウスカワはカタツムリの中でも野性味のある種類なので、他のカタツムリよりも自然のものを多く取り入れるのは良策だと思います。その最も効率が良いのが土です。
ビタミン系だけでなく、ミネラル系も大事ということですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年01月20日 00:23
わーい!ぁぃさんにほめられたー\(^o^)/
土のベッドは、ちょっと保留にして
糖質制限してみます(私もした方がいいかも)
それで、食べ物でちょっと気になったことがあるので、画像掲示板に載せました。
カタツムリが腹黒くなってしまったんです。
よろしくお願いします。
Posted by れんげ at 2017年01月24日 14:24
>れんげさん
糖質制限は自分も来月から実施予定ですが、さっそく画像掲示板のほうに行ってみましょうかな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年01月26日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る