2017年03月10日
身のまかせかたが素直になる「馴れ」 ケース1
(記事とは関係ないですが2006年に撮ったアオモリマイマイの子供)


飼育環境下のカタツムリにおける馴れ現象について、観察できた範囲で書いてみたいと思う次第。
今回は『身のまかせかたが素直になる「馴れ」 ケース1』です。

飼育ケースを大掃除したいときに、ふたの裏にべったり張りついていることがあります。
こうなるとふたを洗えないので何とか剥がさなければならないのですが、殻を数回軽く引っ張ったりツンツンと突っついたりすると、1分ぐらいしてくっついている粘着度が極端に下がっていることがよくあります。

これは飼育年数が長い個体によく見られる現象で、若い個体にはほぼありません。
つまり、これは被掃除の経験値が高い個体ということになるのですが、どういう経験なのかをカタツムリの側から書いてみると…

なんだか騒がしい→周りが少し明るくなる→揺れる→ドンッと揺れる→重力が逆になる→殻を引っ張られる→左右にゆすられる→飼い主の声が振動で伝わる→やや強引に剥がされる→しばらくして無臭の室内に新鮮な食べ物がある

こういう流れの経験を何度も踏んでると、掃除というイベントを少なからず学習するのでないかと思います。どうせ引っ張られるなら、楽に引っ張られようとするということです。

学習というと高度な脳処理っぽい言い方になりますが、単純な外的要因と内的要因の比較で何かのスイッチが入るような処理をしていると考えれば、それほど複雑な脳は無くてもいいわけです。ちなみにカタツムリには脳はありますが、人間のような脳ではなく、何と言いますか脳神経とか脳細胞とかのレベルです。

いずれにしても剥がれやすくなることは飼い主にとっては非常にありがたいことであり、かわいさ倍増にもなるわけで、もっともっと親密度を上げて快適な飼育環境を提供していく義務が飼育人にはあるのだとつくづく感じる次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございました。
カタツムリって可愛いんですね。
Posted by 茄子 at 2017年03月11日 11:47
ぁぃさん、こんにちは。
わかります。
うちのラムズホーンも、
そんな感じですので。。
こちらが様子を見るだけでも、
反応はありますが、
声をかけると、
更に良いらしく、
おなかが空いていれば、
近付いてきます。
これって、ぼーっとしてる時の自分より、全然脳が働いてるようにも思える今日このごろ。。
Posted by ぼんやりぼ at 2017年03月11日 16:52
>茄子さん
もちろんかわいいです(^O^)

>ぼんやりぼさん
声かけは自己満足のように思われがちですが、実は声は飼育ケースや水槽の壁を振動させ、
ちゃんと相手に伝わっているのであります。
その振動とともにうれしいことが生じれば、その時の「影」は味方になるのです。
こうして「馴れ」が形成されていくわけですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年03月12日 20:52
ナメジクでは、短期記憶があるという記事だったか、本だったか読んだことがあります。
「好物なんだけど、食べたら苦い」みたいなことを経験すると次からそれを避けて食べないようになったとか。
でも何日か(何週間?か)経ったら忘れる。
そんな内容。あいまいですいません。
ということは、同じイベントが繰り返されればそれはきっと脳のどこかに、定着されるのでしょうね。
本能で動くのとは別に、その記憶となにかがキーになって、ぁぃさんの言われるように「スイッチが入る」
エサの交換とか飼育ケースの掃除とか、決まった時間やルールで行えば、学習してくれるかもしれませんが、
なにしろうちは寿命の短いウスカワさん。
それでも、よく声かけした子とそうでない子はなんとなく反応が違ってました。
単なる個体差かもしれなかったですけど。
あるいは飼い主の自己満足??

しかし、ぁぃさんの観察と考察はいつもすごいですね。
アレとかコレとか、また記事になることを楽しみにしてます。

Posted by れんげ at 2017年03月13日 20:01
JAMの場合。

ケースを洗う時「沐浴だよー!!!」

@zzz

@’ んぁ?沐浴かえ?

@ノ’’ いえーい沐浴〜。 
細く出した水道でなぜか滝行をする奴もいるwww


食べ物の補充

「差し入れだよー」霧吹きをかける。

@ノ’’ クレークレーこっちじゃー

テンションマックスwww

面白すぎる。www
Posted by JAM at 2017年03月14日 00:09
>れんげさん
ナメジクwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
類似するものとしては、ヘリポクター、ブカトムシ、タカマシヤなどがあります(^Д^)
つか、個性もありますが習慣というか学習というか、そういうものはあるような気がします。
自己満足という錯覚の中に埋もれている事実、飼う側が気付くタイミングも繰り返しの現象からかもしれません。人間も案外短期記憶なんですよ(^O^)

>JAMさん
カタツムリを飼うと、この生き物はけっこう感情的な動きをするなーと驚くことがあります。
表情をすごく感じます。なので、観察が面白いわけですな(^O^)
様々な反応もこれまでの現象をもとにしている可能性もあり、霧吹きだ食べ物だというのもわかった上での歓びの表現かもしれません。
Posted by ぁぃ♂ at 2017年03月14日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。