2017年04月09日
甘夏の強剪定と鉢替え

今までずっと輪郭だけを整える弱い剪定をしてきた甘夏ですが、不要な枝を根元から切る強剪定を実施した次第。数年先の枝張りを想定しながら切るので、一回切るごとに数分考えたりしますw
これで風通しもよくなり、今年は新たな気持ちで枝を伸ばすでしょう。


甘夏の強剪定と鉢替え

土の上の枝を伸ばすには土の下の根も伸ばさないといけないので、思い切って鉢替えも実施。土の容積で倍ぐらいになりました。
10年以上も鉢替えをしないで小さく育ててきましたが、根詰まりの心配もあったので実施した次第。
元の鉢から抜き取る時に根の状態を見たのですが、鉢の形のまま全部根っこでした。土も落とせないレベルだったので、表面の土だけをシャワーで流して太い根を数本切って植え替えました。

強剪定と鉢替えでかなりのストレスとなったはずなので、一時的に小枝の壊死や落葉があるかもしれません。正規の生長は来年からになるかもしれません。
タグ:甘夏 剪定 実生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | 甘夏 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
この春に甘夏と文旦の種を植え、発芽したのでこちらのブログを参考にさせていただいています。
田舎なのでアゲハの餌食になるかも知れませんが...60本ほどあるのでうまく共存していけたらと思います(^o^)
Posted by たま at 2017年05月25日 17:33
>たまさん
はじめましてです(^O^)
柑橘系の種は日常的に入りやすいので、気軽に蒔いてみたのが始まりでした。
そしたら発芽率も良く、濃い緑の葉がどんどん出てきて意外と丈夫。ずるずると10年が過ぎていきましたw
保護したアゲハ幼虫の食べ物になったこともありますが、2本だけは今も健在です。
まあ、60本もあったら、うまく育てればその匂いだけでアゲハがやってきそうですなw
見栄えも観葉植物級で、けっこうかっこいい木ですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年05月25日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る