2017年06月02日
アズマヒキガエルのオタマジャクシ

今年もアズマヒキガエルのオタマジャクシを撮りにやってきました。たくさん泳いでいます。


アズマヒキガエルのオタマジャクシ

おっ!?後ろ足が出ています。結構前に孵化していたようです。


アズマヒキガエルのオタマジャクシ

みんな後ろ足が出ています。水中で育ったオタマジャクシは、これからは陸で暮らすわけですな。

両生類の多くは水だけでも陸だけでも生きられない中途半端な位置にいる生き物で、環境変化への順応性もまた中途半端な状態です。もしかしたら進化の過程の真っ只中にいるのかもいれません。そのような時期に人間が大繁殖して、文明のために次々と環境を壊していきました。
全両生類はあと100年以内に絶滅すると言われていますが、その原因は伝染病だけではないことは言うまでもないでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | カエル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔小川だったところはすべてビルになっちゃったし
おたまじゃくし見れるなんて、
郊外の自然公園とかまで行かないとってレベルになりましたのぅ・・・
Posted by guwa at 2017年06月04日 13:57
>guwaさん
この撮影場所も郊外の池ですよー。
子どもの頃は向かいの田んぼで普通に泳いでいたのですが、その田んぼも駐車場になり、カエルの声も聞こえなくなりました。
なので、撮影時はかなり張りきるのであります(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年06月04日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る