2017年06月27日
小カブにナミテントウ生息

来月に収穫予定の小カブも順調に生長中。今年はアブラムシもほとんど付きません。


小カブにナミテントウ生息

・・・と小カブの葉の裏を見ていたら、ナミテントウの幼虫が脱皮していました。
脱皮していたということは、ここで暮らしていたということです。ここで暮らしていたということは、アブラムシをここで食べていたということです。


小カブにナミテントウ生息

間違いなくナミテントウの幼虫です。
この小カブにアブラムシはいるのでしょうか。もう一度葉の裏をくまなく見てみました。


小カブにナミテントウ生息

いたっ!いました、アブラムシです。ここにはナミテントウの食べ物があったわけです。


小カブにナミテントウ生息

今年はアブラムシが少ないなと思っていましたが、もしかしたらナミテントウの幼虫がせっせせっせと食べていてくれたおかげかもしれません。そういえば、去年もお世話になっていました。

テントウムシの幼虫を毎年呼ぶためには、テントウムシの親に卵を産み付けてもらわなければなりません。そのためには、ここにアブラムシがいることをテントウムシの親に気付いてもらわなければなりません。
ということは、初期発生の一定量のアブラムシは親を呼ぶために必要だということになるのでしょうか。

アブラムシは早期発見早期対処が基本ですが、あんまりむやみに殺虫剤を吹き付けるのもこうなると考えものです。アブラムシ捜索の際はテントウムシの卵や幼虫も同時に捜索する習慣をつける必要があるかも。まあ、これもまた大変ですがw

細かい話になりますが、問題はタイミングなわけです。だいたいは、アブラムシが発生してからエカキムシが発生します。今回もそうですが、エカキムシを捜索するときは葉の裏を念入りに探すので、この時はテントウムシの卵や幼虫の発見は極めて容易になります。しかし、エカキムシが発生する前、つまりアブラムシの初期発生時期には葉の裏まで念入りに捜索しないので、その時点で念入り捜索を強いられるのが大変だということになるのであります。
夢はテントウムシの養殖。春のベランダに豪快にぶちまけたいw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る