2017年07月05日
カブ幼虫全頭蛹化

カブ幼虫のC個体。飼育容器の側面でサナギになりました。オスメスは不明。


カブ幼虫全頭蛹化

こっちはD個体。底面での蛹化。オスメスは不明。


カブ幼虫全頭蛹化

これはE個体。同じく底面での蛹化。オスメスは不明。


カブ幼虫全頭蛹化

これで6匹全頭がサナギになりました。
順調にいけばだいたい3〜4週間で蛹室の中で羽化しますが、羽化後1週間ぐらいは蛹室の中に留まって出てこないので、地上に姿を現すのは約1か月前後ということになります。
今後は最大の難関である羽化を迎えます。どの昆虫でもそうですが、サナギから成虫になる「羽化」は非常にデリケートな瞬間になります。
今回は地上に出てくるまで一切何もしないことにするので、まさに神頼みなわけです。


カブ幼虫全頭蛹化

全頭蛹化終了時の保温室内の温度。
少し前に暑い日もあったのでMAX25℃になっていますが、だいたい20℃〜23℃で推移していました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る