2017年07月26日
サンガイネギの種を蒔いてみる

サンガイネギは小ネギで増える特殊なネギだという認識でいましたが、今年初めて開花を確認していました。
花が咲いたということは種ができるかもしれないということであり、開花後の花を放置しておいたのが上の写真です。


サンガイネギの種を蒔いてみる

中には種らしきものができていました。同様のものを全数採取しました。


サンガイネギの種を蒔いてみる

全部でこれだけ。さらに中身が詰まっていそうなものを選別しました。


サンガイネギの種を蒔いてみる

全部でこれだけ。


サンガイネギの種を蒔いてみる

見るからに種です。ただし発芽能力があるかどうかが重要なので、ちょっと実験開始。


サンガイネギの種を蒔いてみる

全数を水に浸して発根するかどうかを見てみることにしました。5日ぐらいで結果が出る想定。


サンガイネギの種を蒔いてみる

小ネギをつけて高くそびえていた茎も、時が来るとこのようになっていきます。
ひもで縛っているので逆Vの字に折れ曲がっていますが、本来はこの時点で小ネギは地についています。
地についた小ネギは発根し、親株のそばで生長していきます。
しかし、今回の種に発芽能力があった場合、サンガイネギは小ネギと種との両方で子孫を増やしていく器用な植物だということになります。

同様の植物では、イチゴやユリもそうです。イチゴはランナーの先の子株でも増えますが種でも増えます。ユリも小球でも増えますがムカゴでも増えます。
要は自身の分身で増えるか子で増えるかということだと思うのですが、双方に別々のリスクが伴いますが、いずれにしても大した生き物だなと思うわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。