2017年08月24日
山でコスズメの幼虫に遭遇

クマよりもびっくりしました。こんなのが突然足元に現れたのであります。体長は6cm以上ありました。
しっぽに突起があるのでスズメガの幼虫であることはわかりましたが、最初ヘビかと思いましたw


山でコスズメの幼虫に遭遇

コスズメというスズメガの幼虫です。大きさから見ると恐らく終齢。サナギになる場所を探して地上を歩いていたのだと思います。
土の上は様々な生き物が歩いています。野原を歩くときはできる範囲で気をつけたいものです。
まあ、ここまでグロいと脊髄反射で逃げますがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(9) | スズメガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ この子 コスズメでいいんですね ありがとうございます。ぶどうの葉っぱでのけぞってて 調べてました。
寄生とか初めて知って いろんな意味で今 自分調整中で、毎日楽しみにお邪魔してます。海軍カレーもガンバレ・・。
Posted by 渋ばあ at 2017年08月24日 09:46
ちょ・・・
まさかのぁぃ♂さまからのグロ認定 orz

まあ擬態的にも中途半端だよね
ベニスズメくらい徹底すればよかったのかなぁ。
アタマに見える部分がぬめーっとしてるのが造形的にダメなのかもしれない。

緑タイプかもっと黒々した子なら「やった、出会えました」だったのかのぅ・・・
尾角の完成度はけっこー高いほうだと思うんだけど(´;ω;`)コスズメかわいそす・・



Posted by guwa at 2017年08月24日 22:33
>渋ばあさん
庭の被害が拡がることを確保という行動で抑えられればという考えで、できる範囲で確保してケース内で飼ったりしています。
自分もそのたびに新発見があり、寄生にも何度か遭遇しました。
相手の正体がわかれば対処方法の選択肢も増えるかもしれないので、その選択肢の中に「放置」が生まれてこないかとチャレンジしています(^O^)
海軍カレーはまだまだいろいろ食べたいので、通販サイトで時々検索していますw

>guwaさん
撮影時は前日の雨で地面がまだ濡れており、そんな中を這ってきた幼虫なので全身が濡れていて余計にヌメヌメしたかんじでしたw
確かに緑タイプとか黒タイプならヌメヌメ感もあまり感じなかったかもしれませんねー。
現に、緑タイプのモモスズメなんかだと保護中に普通に触ってましたもんw
コスズメごめんよコスズメ、今度は晴れが続いた日に出てきておくれ(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年08月25日 00:26
会社の駐車スペースの脇に小さなプランターがあるんですが
今朝、車をとめながら、何気に見ててなにやら違和感。
なんか、いる!
近づいてみたら、これこれ、コスズメの幼虫でした。
プランターには、ゼラニウムやらローズマリーやらのハーブ系のものが植えてあって、コスズメのたべるようなものはないし、なにしろ今日いきなり出現でした。
風で飛んできたんでしょうかね〜?
Posted by れんげ at 2017年08月29日 11:59
>れんげさん
幼虫は終齢になるとサナギになる場所を求めて今までいた場所から離れる習性があるので、恐らくそのパターンだと思います。
このタイミングこそ、いちばん発見しやすいわけです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年08月30日 20:33
>ぁぃさん!
6cmくらいだったので、そうかもしれませんね。
その後気になって、近くを探したところ、うちの会社と隣のアパートの間に境界線として並べてあるブロックの上にひとつ糞を発見、その先に視線を飛ばすと、生垣の下に糞がころころ・・・
そこは、会社側は狭すぎて人が入れないし、アパート側は、はい、アパートなのでひとんちなので入ったことのない場所でした。
ここにいたんですね。
ちょっと失礼しますよーと(不法侵入(^^; )して生垣のあたりに行ってみると、つる系の植物がからんでいて、その葉を一生懸命食べている幼虫が3匹!
同じコスズメだとは思うんですが、黒っぽいの、茶色っぽいの、赤っぽいの、と個体差があっておもしろかったです。
会社のプランターにやってきたのは柿色っぽかったです。
ただ、ツルの葉がもうかなり減っていて、食べ物がなさそうなのが気になりました。
仕方ないんですけどね。
Posted by れんげ at 2017年08月31日 14:01
>れんげさん
よくぞ、そこまで解き明かした!!!!!!!!不法侵入含む(^Д^)
やっぱり、フンですよねー。葉っぱの中に擬態しながらくっついている幼虫は、なかなか見つかるものではありません。フンが見つかれば幼虫も見つかる、まさに正しい捜索方法です(^O^)
幼虫がサナギになるタイミングについてですが、食べ物が無くなるころになるとその時点でサナギになろうと決めているのかなと思ったりします。もっと拡大的に言うと、幼虫でいるのが難しくなるならサナギになっちゃえという理由。
これは、いろんな終齢幼虫を確保した際に数日でサナギになる準備を始めたケースがやたら多かったことから、そう思うようになりました。
特に食べ物をあげてもあまり食べない幼虫はほとんどそうでした。
幼虫という時代は単に体を大きくする時代なので、サナギへの切替えタイミングは「随時」も可能なのかなと思ったりします。
結果的に少し小型の成虫になったりすることはあるかもしれませんが、幼虫のまま死ぬよりははるかに正しい選択になります。
カブトムシなんかでも小型の成虫がけっこう出現しますが、幼虫時代に食べるものが少なくて餓死するよりは、このままサナギになっちゃえということで小型成虫が出てくるのかもしれません。
長くなりそうなので、このへんでやめときますw
Posted by ぁぃ♂ at 2017年08月31日 21:51
わーーっ!不法侵入すいません(><)!
でも、まだアパートの共有部なので許してください。
糞は・・しゃがんでみたのがよかったかもしれません。
視線の高さは重要ですね。
子供が大人より虫などによく気がつくのは、好奇心の強さもあるでしょうが、目線がより地面に近いせいもあるかもしれませんね。
「餓死するよりは、このままサナギになっちゃえ」の話・・はまたいつか続きを聞かせてください。
Posted by れんげ at 2017年08月31日 23:23
>れんげさん
視線の高さと子供の関係、まさに大正解だと思います。
けっこう、こういう物理的な要因ってあるもんですw
地面に近づけば近づくほどいろいろ見えてくるので、自分も気が付くとしゃがみながら草むらに頭を突っ込んでいる時がありますw
ヒアリには注意してますが(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年09月01日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る