2017年08月23日
モモスズメの幼虫がサナギになりました

ティッシュの下でサナギになる準備を始めていたモモスズメの幼虫ですが、無事にサナギになりました。

※ここから下はグロ画像が多いので、見ないほうがいいかもw
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

モモスズメの幼虫がサナギになりました

ひとときの安らぎ。しばし休憩。
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

モモスズメの幼虫がサナギになりました

見てしまった方、すんませんw
サナギを正面から見たところ。大きさは2.5cmくらい。ピョコンピョコン動きます。


モモスズメの幼虫がサナギになりました

横から見たところ。成虫の姿がほんのりと浮かび上がります。


モモスズメの幼虫がサナギになりました

サナギになったときの幼虫の抜け殻。笑ってしまうほどそのままで、最初笑った息で吹き飛んでしまいましたw


モモスズメの幼虫がサナギになりました

いやはや、ミイラwww


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | スズメガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尾角もきれーに脱がさってますのう。
つか、あの尾角って何のためについてるんでしょーねえ。
生きてるうちに解明されるかなぁ
Posted by guwa at 2017年08月26日 11:19
>guwaさん
昔何かで見たかすかな記憶によると、捕食者への対応とか何とか書いてました。
歩くときにピコンピコン動かしますが、鳥などの捕食者をそっちに引き寄せて、大事な頭部を守るためらしいです。
トカゲのしっぽの発想みたいですが、尾角をつままれているうちに運良く逃げられれば頭部は無傷なので、まだ生きていられるということのようです。
ある程度知能のある生き物は、まずは獲物の頭部を傷つけて動きを封じますので、その対策なんでしょうな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年08月26日 23:42
やっぱ捕食対策なのかねぇ(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

確かに他のアタマ擬態よりも
本体から離れてる分高度な逃げ対策になっていそう。

それにしてもほんと魅力的なカタチだよなぁ。

Posted by guwa at 2017年08月27日 14:46
>guwaさん
ここが頭ですよーと首に目玉の模様を作るよりも、進化型擬態なのでありますな。
飛行機の垂直尾翼がごとき伸びる尾角は、その長さといい角度といい黄金バランスだと思う次第。この黄金バランスっていうのこそ、進化の証しなんでしょうな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年08月28日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。