2017年11月01日
アオムシコバチのマユ

外壁に小さなマユがくっついていました。アオムシコバチのマユに似ています。
マユはすでにふたが開いたようになっており、羽化後の抜け殻のようです。
この付近の場所は毎年ミノウスバのマユが越冬しており、もしかしたらミノウスバの幼虫に寄生していたアオムシコバチ系の寄生バチが羽化したのかもしれません。
アオムシコバチはミノウスバの命をもらったわけです。自分も今日はベーコンを食べたので、豚の命をもらいました。生きるための正当な行為なのですが、どこかで感謝の気持ちだけは持っていたいものです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る