2017年11月02日
蛹化態勢かもしれないリンゴケンモンの幼虫

前にここで書いたリンゴケンモンの幼虫ですが、結局3匹を発見していました。
で、この3匹の幼虫ですが、同じ場所から全く移動しないのであります。周囲の葉を食べている様子もなぜか無く、見るたびに同じ場所に居座っています。かれこれ10日以上です。
もしかしたら、この3匹はこの枝の場所でサナギになるつもりなのかもしれません。つか、マユを作って越冬態勢に入りたいのかも。
そんなわけで、目印をつけておくことにした次第。

蛹化態勢かもしれないリンゴケンモンの幼虫

1匹目。


蛹化態勢かもしれないリンゴケンモンの幼虫

2匹目。


蛹化態勢かもしれないリンゴケンモンの幼虫

3匹目。
いずれも、枝の突起物を中心にして体長を半径とした範囲でしか動きません。糸を張っているような動き方です。
どうなっていくのか興味があるので、毎日観察。
つか、強風で飛ばされないかが心配なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る