2017年11月24日
エグリヅマエダシャク登場

この時季に現れる蛾は、みんなかなり弱っています。壁にくっついているのもやっとな状態。
この蛾の名前なのですが、「つま」が「えぐられた」ような翅の「エダシャク」なわけです。
「つま」はよく昆虫の名前に使われる言葉ですが、「つま=褄」はいわゆる着物の部位の名称。
虫の名づけの際は「下の端っこの方」という感覚でつけられることが多いようです。
有名どころでは、ツマグロオオヨコバイ、ツマグロキンバエ、ツマグロヒョウモンなどですな。
「つま」は黒だけでなく、つま赤、つま白、つま黄もいますw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。