2017年11月18日
びん長まぐろを食べるオオカマキリ

小さなイエコオロギばかりで食べごたえがなさそうなので、低脂肪のたんぱく質ということでびん長まぐろをあげてみました。鶏のササミでもよさそうですが、料理もしていられないので刺身なわけです。


びん長まぐろを食べるオオカマキリ

かなり食べます。食感は翅のある昆虫の胸部肉とか大型バッタ系の太もも肉と似ていると思います。


びん長まぐろを食べるオオカマキリ

量が量でさすがにおなかがいっぱいになったのか、完食せずに途中で落としましたw
このあと例のごとく遊んだのですが、顔にジャンプしてきてびっくりした次第。まだジャンプする体力があったことはうれしかったわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
餌のバリエーションに苦労する時期ですねぇ.
逆に、それまでにない色々なパターンを試す良い機会ともいえます.
(くれぐれも無理のない範囲でw)

生き餌がイエコオロギ・ミルワームの二社巡礼でしたら、釣り餌のサシ(キンバエ幼虫)
や、近くに川があればカゲロウ等水棲昆虫、土を盛大に掘り返せるならコガネムシ
幼虫など、追加候補は幾つかありそうです.

また、同じ生き餌でも、それの餌に工夫を凝らすのも一手ですかねぇ
(こっちがむしろオーソドックスな方法かな?ものの昆虫食のサイトでは、
食べた餌で風味が左右されるといいます).

まあ、だらだら書きましたが色々お試しあれ、という事で.
Posted by asahama at 2017年11月18日 05:28
こんにちは〜!
私の父がカマキリを飼っているのですが、大阪にはまだまだ虫がたくさんいて生餌には困っていないようです。
でも今日からぐっと冷えたのでどうなるのかと心配していましたが、お刺身も食べるんですね、知らなかったです。いい情報をありがとうございました〜
Posted by ゆなゆなママ at 2017年11月18日 11:39
>asahamaさん
もう寒くて外に出るのがつらいので、川探検や穴掘りは勘弁www
今いるイエコオロギは魚粉入りのえさを食べていますが、カマキリもイエコオロギの内臓まできれいに食べます。もし米の粉ばかり食べて育ったイエコオロギだと、内臓は残すかもしれません。
現に、野生のイナゴをあげた時は内臓は全く食べませんでした。ほとんど葉っぱですからw
トンボなんかだと内臓も蚊やハエなので、喜んできれいに食べてました。
生餌の味を意識することは確かに重要ですねー(^O^)

>ゆなゆなママさん
生餌が豊富な気候、いいですねー。こっちは夜は氷点下なので、虫も全くいなくなりました。
カマキリはけっこう何でも食べますが、できれば塩分や糖分の低いものをあげたいと思っています。
ソーセージやかまぼこなんかも食べるそうですが、ちょっと塩分が心配です。塩分がどれだけの害なのかは不明ですが、少なくてもトンボやバッタはしょっぱくも甘くもないわけですw
弱ってきたら、牛乳をあげるのがカマキリ飼育では定番です。自分もそうしようと思っています(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年11月18日 13:41
顔にジャンプ!!!
じゃれてますなー
Posted by れんげ at 2017年11月18日 19:20
>れんげさん
馴れたカマキリの真骨頂。認知してくれたことを表すうれしい現象なのであります(^O^)
ケース外の散歩もちょっかい出さずに好きなように歩かせてるので、いろいろ学習してるのかもしれません。
猫なので、自己意識の尊重も大切なわけですw
Posted by ぁぃ♂ at 2017年11月18日 22:25
あー、幸せそう (^ ^)
気のせいか目をウルウルさせながらかぶりついてるよーなw
Posted by guwa at 2017年11月18日 23:13
>guwaさん
『え!?こ、これ何?びん長?びん長って、もしかしてリアルガチで魚?つか、海、まじ無理。潜れない希ガス。でも美味すぎて草生えるヘ(゚∀゚ヘ)』
・・・とか思ってたと思います(^Д^)
しかし、生き物が人間に関わると、犬が牛を食ったりカマが魚を食ったり、大変ですなw
Posted by ぁぃ♂ at 2017年11月18日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る