2007年06月24日
写真館-ヤニだらけの体のヤニサシガメ

オニグモがいたと思ったら、でかくて黒い昆虫でした。
カメムシかゾウムシのなかまっぽかったの調べたら、ヤニサシガメというカメムシのなかまのようです。

この昆虫は始めて見ました。松の木に住むらしく、松ヤニを体に塗ったり、それに近い液を分泌するそうです。
なるほど、緑の葉の上にいると目立ちますが、松の木の樹皮にいるとけっこう目立たないかもしれません。

肉食性らしく、小さな昆虫をつかまえて体液を吸うそうです。
写真にも細く長く伸びた口が写っています。

尾のところの形状がおもしろく、左右に縁が出っぱっていて、その間に羽根が収納されているかんじです。
このような尾(腹部)の形状をしている昆虫はめずらしく、松ヤニが間違ってつかないための壁の役割をしているのかもしれません。


写真館-ヤニだらけの体のヤニサシガメ

げっ、嫌悪感・・・(´・ω・`)
なかなかワルそうな顔つきです。
体じゅうがヤニだらけで、不規則なツヤを出しています。
ちょっと不気味だったのでさわることはできませんでしたが、ヤニがどの程度ベタベタしているのか興味があります。
それにしても、見ようによってはクモより凶暴そうな雰囲気。
あまり接写したくないタイプの昆虫ですw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。