2007年06月24日
写真館-長い手足のガガンボ

よく見る昆虫です。
つかまえると脚が取れてしまう、あの昆虫です。
この脚の長さについてすごく疑問に思うのですが、なんでこんなに長いんでしょう。
何か理由があってこのように進化したわけで、しかしながら、その理由がよくわかりません。
まさか、トカゲのしっぽ的な役割じゃないでしょうけど。


写真館-長い手足のガガンボ

羽根の付け根の下のスプーンのようなものは、退化した後ろ羽根です。
専門的には、「後翅」と言います。
ハエやカも、同じようなものがあります。

ちなみにこのガガンボは、花の蜜を食べ物にします。カのように見えて大きいので、血をたくさん吸いそうですが、大丈夫です。

これだけ脚を細長くしても、これだけスリムな羽根にしても、胸だけは丸いです。
羽根を動かして飛ぶためには、これだけの筋肉が必要だと逆に発想すれば、いろいろな生き物の形状の理由がわかったりします。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。