2018年04月07日
いのちのふしぎ

野原風花壇の隅っこにあるオオカマキリの墓石。
その横に、突如として何かが発芽しました。葉の形を見るとハナビシソウっぽいです。
ハナビシソウは去年ここらで咲いていたので、こぼれ種が発芽したようです。

野原風花壇ではまだ何も発芽していないというか種まきもしていませんが、時々こういう不思議なことがあります。
もしかしたら生まれ変わりかもしれないので、この芽は大事に育てたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
命がめぐる様子を見ているような、神秘的な光景ですね。
「おかえり」と声をかけたくなります。

ちなみに、我が家のオオカマキリですが…
なんとまだ生きております。今日また産卵しました。
とても長生き…とはいえ、さすがに老化は現れてきています。
残された時間は分かりませんが、最後まで愛情を注ぎたいと思います。
Posted by よろ at 2018年04月07日 21:12
>よろさん
「おかえり」は無いですが、「よー」くらいはあるかもw
Posted by ぁぃ♂ at 2018年04月08日 04:58
場所が場所だけに、ほんと不思議な感じがします。
きれいなお花が咲いたら、わたしも「やー」って言いたいな。
Posted by れんげ at 2018年04月20日 14:02
>れんげさん
結構でかい花というか草姿なので、墓石が見えなくなりそうでやばいですw
でもまあそれもそうしたいのかなと思いつつ、自然に任せたいと思う次第(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2018年04月20日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る