2018年04月23日
今年もツツジの昆虫ホイホイ

今年もオオムラサキツツジのつぼみが昆虫ホイホイになっています。去年の様子はここ


今年もツツジの昆虫ホイホイ

普通に止まっているように見えますが、粘液に脚をとられてすでに死んでいます。


今年もツツジの昆虫ホイホイ

ツツジの過剰防衛のような気もしますw


今年もツツジの昆虫ホイホイ

ちょっと羽根を休めたかっただけなのに。


今年もツツジの昆虫ホイホイ

まだまだこれから犠牲が増えていくと思います。自然とは厳しいものですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事連投に、あー、やっと岩手も春爛漫ねぇ(・∀・)と開けばホイホイかいwwww

つかここまで殺ルなら、栄養もろた〜とかツツジタソもそちら系に進化すればいいのに・・・

本日当地でもモンシロさん飛翔初観測ぅ。
問題はどこ見渡したって蜜吸える花らしきものが無い!
とりあえずペットボトルぶった切ってスポドリ薄めていれてきたけどさー・・・
Posted by guwa at 2018年04月23日 21:05
>guwaさん
生きるための栄養摂取ならわかるのですが、運悪ければ無差別過剰防衛なので、かわいくないツツジなわけですw
花がまだない季節に羽化したチョウって、もしかしたらほんとに缶とかペットボトルのジュース吸ってるかもしれませんねー。
ホームセンターの園芸コーナーの花で、ハナアブが蜜吸ってるのはよく見ます(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2018年04月23日 23:31
前にコメントしたかと思うのですが、高校のある日の生物の時間はつつじの花柄とりでした。
そう指ホイホイでもあったわけで、べっとべとになりました。
つい先日その先生の傘寿のお祝いを教え子(担任した生徒)がひらいたようで、髪の毛が白くなってただけで変わらなかったらしいです。
さすが県立高校の正規の授業時間をなかば遊ばせて?くれた先生だけある。
Posted by ぱぼ at 2018年04月30日 01:21
>ぱぼさん
人間は時間とともに肉体は老いますが、心は老いにくいのかなと思いますw
ましてや、昔の仲間との時間は老いた心も戻るので、当時のままになるんでしょうな。
その柔軟性は、まさに柔軟な授業を実践した先生の人間性なのかもしれません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2018年04月30日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。