2018年08月14日
ミツモンキンウワバの羽化 その1

時系列が遅れますが、8月1日撮影分。ベランダのリーフレタスの葉が強烈に食害されたので、放置して観察することにしました。



ミツモンキンウワバの羽化 その1

いました。後からわかったことですが、ミツモンキンウワバの幼虫です。けっこういます。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

食ってます。葉の下はフンだらけです。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

よく見る幼虫ですな。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

やっぱりよく見る幼虫です。過去の記事で「ウワバ系の幼虫」とか書いてるのは、たぶん全部これ。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

サナギも発見。葉の裏でマユを作っています。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

約1週間後。落ちているフンの数の増分が落ちたので見てみたら、幼虫の姿は無く、代わりにサナギの姿がありました。
全部葉の裏でマユをつくっていたので、それぞれを採取。全部で8匹。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

背中と正面と横。


ミツモンキンウワバの羽化 その1

幼虫時代の抜け殻もありました。

観察はその2に続きます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2018年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。以前カタツムリで大変お世話になったしまです。(ウスカワさんでした)

カタツムリが死んでからというもの、生き物は飼わないと決めて生活していましたが今年は
アゲハ・モンシロ・てんとう虫を幼虫から育てると言う結果になりました!

ぁぃさん、お忙しいようですが続く異常気象で大変な思いをされてませんでしょうか?

因みに、今年関西ではほとんどセミの声を聞くことができませんでした。
Posted by しま at 2018年09月14日 14:58
>しまさん
幼虫→サナギ→成虫という変態をまじかで見ることができるのは、これ以上の経験はないです!
昆虫の魅力を一度に全部見るわけで、これが好きで自分もよく幼虫を保護しますw
こっちは関西に比べたら正常なほうで、むしろこっちから関西のほうを心配しますw
Posted by ぁぃ♂ at 2018年09月14日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。