2018年09月07日
毎年恒例アカスジチュウレンジの産卵

庭のバラの木でハバチの幼虫が毎年発生するのは恒例の行事ですが、親の産卵シーンも毎年恒例です。
今年もバラの木の若い茎に産卵しに来たアカスジチュウレンジ。


毎年恒例アカスジチュウレンジの産卵

腹部も結構ふくらんでいます。


毎年恒例アカスジチュウレンジの産卵

一見カブラハバチ系に似ていますが、背中の黒い部分がどうなっているのかで見分けることが多いです。
大まかにいえば、背中に黒い部分がないのがニホンカブラハバチ、真っ黒なのがセグロカブラハバチ、そして上の写真のように点在しているようなのがカブラハバチ系ではなくてチュウレンジ系のアカスジチュウレンジ。
雰囲気的には、触角が少しツヤツヤっぽくてしなって見えるのがチュウレンジ系です。「丈夫そうな触角!」というかんじ。
見た目そっくりなので、非常にめんどくさいですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る