2019年09月04日
白いもふもふのババシロアシマルハバチの幼虫

白いもふもふをつけた昆虫はいろいろいますが、ちょっと見てみました。


白いもふもふのババシロアシマルハバチの幼虫

大きな単眼を持つ幼虫です。ハバチ系の幼虫ですな。
調べてみたら、ババシロアシマルハバチ・クルミマルハバチ・ミツクリハバチなどが似ていましたが、ヤブデマリのような葉にいたことからババシロアシマルハバチの幼虫ではないかと思う次第。


白いもふもふのババシロアシマルハバチの幼虫

この白いワタのようなものは、さわるとかんたんにとれます。撮影中に不意に触れてしまい、少しとれてしまいました。幼虫さんごめんなさい((+_+))
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目の大きさなんでしょうね。。
純モンゴロイド顔の子供が、幼稚園の劇で(あるいはバレエの発表会で)すごいファンタジックな洋風の衣装を身につけて、主演で出てきた時の、「あっ!!!」に、似た感覚を覚えてしまいました。

かわいいんですよ、かわいい、それは間違いない。でも……。

…ていうか、このふわふわは何でできてるんでしょうね。。?


もろもろの保護者の方、ごめんなさい((爆))
Posted by ぼんやり at 2019年09月04日 19:04
>ぼんやりさん
その想像力は普通に尊敬レベルwww
そういう感覚があれば虫の魅力は無限になるわけで、擬人おおいにけっこうなわけです(^O^)
このふわふわは、いわゆる蝋物質。アブラムシやカイガラムシなどで、似たようなふわふわをつけているものもいます。
生き物じゃなくてゴミですよーのアピールなのですな。
Posted by ぁぃ♂ at 2019年09月04日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る