2019年11月15日
ヨトウムシを保護

夜に玄関前をヨトウムシが歩いていました。気温5℃の中、非常にゆっくりとした歩行です。
ハスモンヨトウっぽいですが、似たのがいっぱいいるので断定はできません。
この時季はとっくにサナギになって土の中にいるころなのですが、タイミングを逃したのか今になって慌てて潜る場所を探しに徘徊していたのかもしれません。
この寒さの中だといずれは動けなくなって死んでしまいそうなので、とりあえず確保。水分補給ぐらいはしたいかもしれないので、キャベツを入れた次第。


ヨトウムシを保護

キャベツをかじり始めました。数十回はかじったのですが、葉を食べるというレベルではありません。


ヨトウムシを保護

とりあえずの一時避難場所。暖房の効いた部屋の中に置いています。


ヨトウムシを保護

少し落ち着いたのか、葉の下に潜っていきました。
このあと蛹化する元気があれば、サナギになると思います。元気が無ければそれが天命だったということでしょう。
今サナギになっても越冬サナギなわけで、来年暖かくなったあとの羽化になると思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴルァアア!!!のイメージのヨトウムシですが、さすがに5℃ではそんな元気もないみたいですね。
ぁぃさんちの家の前でよかったね。
Posted by れんげ at 2019年11月19日 16:08
>れんげさん
動いてるか動いてないかくらいで動いてたので、なんとか気づきました。
動いてなかったら、普通に木の枝だと思って放置したかもしれませんw
Posted by ぁぃ♂ at 2019年11月19日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。