2019年12月10日
サナギの越冬態勢整備


ここ
でサナギになっていたヨトウムシですが、車庫の中に移動しておきました。
ただ、適度な湿度も必要だと思われたので、簡易蛹室を作る作戦とぁぃなった次第。


サナギの越冬態勢整備

湿らせた土をへこませ、そこに置きました。この状態で春を待ちます。
まあ、無事に羽化したとしても春というか初夏ごろになると思われます。
半年間の水分管理になるので、これはこれで大変なわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさんならちゃんと面倒を見てくれるから、ヨトウムシも安心ですね。
数日前、アパートの隣の玄関の前に茶色いイモムシが落ちてました。多分ハスモン。
一応生きてました。
ぁぃさんのブログを思い出したけど、私には無理〜と救出はしませんでした。だってヨトウにはいろんんな葉っぱ食われちゃってるから・・
ついでに報告なんですが
うちのなめ、12代目が生まれました。
孵化させた10個のうち、双子が5個、三つ子が2個、ふつうに一匹が2個、中で育ってたけど途中で死んでしまったのが1個
三つ子って何!!!!!と驚いてます。
卵の大きさは普通でした。


Posted by れんげ at 2019年12月13日 13:56
>れんげさん
冬をまたぐ飼育になると管理も長くなるので、越冬系は大変ですw
カブトムシの時も毎日温度をチェックしてましたし、冬は休ませてほしい(^Д^)
ナメは代が重なると双子や三つ子が出てくるんですねー!www
Posted by ぁぃ♂ at 2019年12月13日 18:37
>ぁぃさん
一匹のなめべびーから始まった系統なので、確かに代が重なると何かあってもおかしくはないと思います。
しかし、自分が面倒みれるだけの卵を残しているのに、これは予定外でした。
また子供なめ用ケースのためにプリンを買ってこなくてはいけません。
Posted by れんげ at 2019年12月16日 14:00
>れんげさん、
容器を買いに100均に行くよりスーパー行ってプリン買ったほうが食べれていいですよねーw
Posted by ぁぃ♂ at 2019年12月18日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。