2007年07月10日
孵化したスズムシの初食事

孵化して数日すると食事を始めますが、その時期に入ったようです。
動く口元までは見えませんが、頭を上下に動かしているので、確実に食べています。

先日書いたつまようじの穴は、このようにして使います。
エサ台に刺すので、安定感があります。
つまようじのかけらは、容器がプラスチックなのではしご代わりに置いてみたのですが、無くても出入りできているようなので、余計な心配でした。
左側のえさ台には、えさをそのまま入れています。
穴を拡張するのがめんどうなので、そうしているだけですw

ここで注意。
奥に見えるのは水を染み込ませた脱脂綿です。
水飲みの目的で置きましたが、今日この場所で数匹が★になりました。
水死ではなく、おそらく脚がからんで脱出しようとして力尽きたのだと思います。
成虫のときに用いてた方法なのでやってみたのですが、生まれたては力も弱く、この方法はまずいようです。
さっそく、この容器は取り去りました。

まだまだ小さいので写真を撮ってもその全貌が見えてきませんので、接写画像をちょっと掲載します。

孵化したスズムシの初食事

孵化したスズムシの初食事

孵化したスズムシの初食事

孵化したスズムシの初食事

しかしまあ、アリレベルに撮影がむずかしい被写体ですなw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る