2007年07月10日
写真館-滑空飛行、ホシミスジ

連日このチョウが庭に来ています。
幼虫の食草を調べてみると、ユキヤナギ、コデマリ、シモツケらしいですが、庭にあったかなぁ・・・。
連日来るということは、はっきりとした目標があるわけで、どこかに食草があるのかもしれません。

このチョウの飛び方が、実に可憐です。
パタパタと飛ぶのではなく、ヒラヒラーーーー、ヒラヒラーーーーと飛びます。
擬態語というのはむずかしいもので、おそらく伝わっていないものと存じますw
要は、滑空を繰り返して飛んでいるかんじで、上品なイメージです。
体の大きさも大きくもなく小さくもなく、色もモノトーンのしぶめ模様で羽根の形もマイルドで、けっこうかっこいいチョウです。
よく見ると、触角の先端がひそかに黄色。
これはすごい、このワンポイントのセンスの良さ、さすがです。

昆虫の写真を撮る面白さは、色や形のすばらしさもひとつの要因になっています。
ゆっくりじっくり眺めていたい、でもすぐにどこかに飛び去ってしまう、だからこうやってゆっくり見れるようにシャッターを押しているのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふわ〜、ぱたぱた〜、ふわふわ〜、ぱた〜…
っていう感じが私の擬態語ですw
Posted by 名無しさんぁぃしてる at 2007年07月11日 21:35
(≧∀≦)/イイ!!
それです、まさにそれです。
羽ばたいている姿が目に浮かぶようで、最高です。
シジミチョウの場合は、「チロチロリン」ってのはどうでしょうか?w
Posted by ぁぃ♂ at 2007年07月12日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る