2020年04月22日
今年もツツジの昆虫ホイホイ

庭のオオムラサキツツジは、春になるとつぼみをふくらませてつぼみを粘液で包みます。
この粘液がまさに"とりもち"なので、毎年多くの昆虫がこの粘液の犠牲になります。


今年もツツジの昆虫ホイホイ

クモも動けなくなり、息絶えていました。


今年もツツジの昆虫ホイホイ

こっちはハチですな。

例年はもっと多くの昆虫がくっついていますが、今年は虫が姿を見せるのが遅くなっていて、くっついている数も少しでした。
今年の春の特徴は、夜に冷えるということ。雨がみぞれ混じりだったりもします。
そんなわけで、虫たちもなかなか活動する勇気が出ないのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る