2020年04月30日
冬眠明けのキアシナガバチの女王バチ

『ガオォォォーッ!』

野原風花壇に、突如としてキアシナガバチ登場。これにはびっくり。


冬眠明けのキアシナガバチの女王バチ

これが発見した直後の画像。地面の上にいて、葉の陰にかくれています。
体全体が乾いた土で汚れています。


冬眠明けのキアシナガバチの女王バチ

脚をなめ、触角をなめ、とにかく体の掃除で大忙し。
動きはゆっくりですが、弱ってはいません。


冬眠明けのキアシナガバチの女王バチ

竹の棒を這い上がりながらも、体の掃除はやめません。

アシナガバチ系は冬には全部寿命で死にますが、新しく生まれた新女王バチだけは冬眠し、次の年の春に新しい巣を作るそうです。
ということは、この個体は新女王バチの可能性が高いです。
石や木の隙間で凍える寒さをしのいだんですな。今日はすごく暖かかったので、それで目覚めたのかもしれません。
動きもゆっくりだったので、今まさに目覚めた直後だった可能性が大きいです。
どこか離れたところに巣を作れよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土にまみれて弱ってるのかと思ったら違うのですね?(ちょっと安心)
これが女王蜂かどうかは判らないもの?
(ぁぃ♂さんとしてもは意外だー)
近くで巣を作ったら観察対象になりますね(* ゚∀゚)
Posted by ☆けめ at 2020年05月06日 09:16
>☆けめさん
虫は個体を物理的に見て判別する場合もありますが、この場合は生態から追っていくとこの個体は新女王バチであるところに落ち着きます。
つか、けっこう攻撃性の高いハチなので、近くに巣を作られるのは勘弁w
Posted by ぁぃ♂ at 2020年05月06日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る