2020年05月25日
四季なりイチゴのランナーを除去

イチゴは種で子孫を作ろうとしたりランナーで分身を作ろうとしたり、種の存続に熱心です。
今年もものすごい勢いでランナーが出てきました。
しかし、人間の管理下に置かれているので、実に栄養を多く送るためにランナーは除去します。
ランナーは切っても切っても次々と出てきますが、そのたびに除去します。
そして、夏ごろになって実の結実が一段落したら、よりすぐりのランナーを生かして子株や孫株を育てるわけです。


四季なりイチゴのランナーを除去

そんなわけで、ランナーを除去。今後も週一ぐらいでランナーを除去することになります。


四季なりイチゴのランナーを除去

実のほうも膨らみ始めているので、こっちに栄養を送ってもらわなければなりません。


四季なりイチゴのランナーを除去

花もまだまだ咲いています。甘い香りも継続中。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2020年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る