2020年06月07日
「保護=飼育」のクロヤマアリ

発芽したスミレもすっかり定着した野原風花壇ですが、ここに巣を作っているクロヤマアリは保護しつつ観察しています。
時々、虫の亡骸や甘いものをあげたりしていますので、外で飼育しているような気分になります。


「保護=飼育」のクロヤマアリ

地温が上がると活発に行動します。巣穴の周りには、運び出された土が山盛りになっています。
巣穴の直上にスミレの鞘がありますが、種が飛ばないうちに鞘は除去します。この領域は観察領域でもあるので、発芽されると人もアリも困ります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。