2020年06月09日
庭のアリとの交流

アリの巣をのぞき込むと人影に気づいたアリは巣の中に避難し、警戒担当のアリが巣の入り口で警戒します。
しかし、毎日何回ものぞき込んでいると、こっちを見るアリの態度に変化が出てきます。(気のせい)
オーラが違うのです。ピリピリしたテレパが弱くなり、代わりに何かを理解したがっているような興味深い視線を感じます。(思い違い)
時々甘いものや虫の亡骸をあげたりしているのですが、巣の場所を提供し保護している大家さんを理解し始めたのでしょうか。(無理)
いつかぼくも科学の力で小さくなり、巣の中に遊びに行ってみようかと思います。(誰がおむすびころりんだよ)
そんなことを考えながら巣穴を眺めるのも面白いわけです。(いいかげんにしろ)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだなんだ、今日のぁぃ♂さん、コワレ気味で面白すぎますよ(笑)
Posted by ☆けめ at 2020年06月09日 22:03
>☆けめさん
たまにはわけのわからないことばかり言ってる自分を否定してみるのもいいかなと思ったりしたのでありますw
Posted by ぁぃ♂ at 2020年06月09日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る