2020年08月08日
蝶のような花クレオメ

庭にクレオメという花が咲いていますが、これもかなり変わった花です。


蝶のような花クレオメ

そばに寄るとこんなかんじ。


蝶のような花クレオメ

とにかく、おしべが長い花です。蝶の触角のようです。


蝶のような花クレオメ

花一輪の姿。花びらが4枚、おしべが6本、真ん中にわずかに見えるのがめしべ。
花びらが蝶の翅のようだということで、「西洋風蝶草」の別名もあるようです。


蝶のような花クレオメ

開花前の花は、今にもおしべがはじけそうなかんじ。花びらが開くと同時に解放されてまっすぐになります。


蝶のような花クレオメ

花が散って花びらもおしべも落ちたころ、めしべが一気に伸びてさやを形成します。


蝶のような花クレオメ

さやの中では種がつくられ、熟して乾燥すると種がはじけ飛んで地面に落ちます。
個性ありすぎな花、クレオメなわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。