2020年08月20日
ヤゴの抜け殻発見

水辺の木の枝にトンボが羽化したあとのヤゴの抜け殻がくっついていたので、ちょっとはずして撮ってみた次第。


ヤゴの抜け殻発見

背中に出てきた穴が開いています。


ヤゴの抜け殻発見

ヤゴは水中の名ハンター。大きな複眼を持っています。


ヤゴの抜け殻発見

先端がノコギリ状になったアゴ(下唇)をすばやくビヨ〜ンと伸ばして獲物を捕らえます。このノコギリ状になっている部分は、種類によってギザギザの形状が違います。
複眼は、側面と同時に正面がよく見えるように大きく横に突き出ています。ハンターの眼ですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさんこんばんは.
ヤゴの殻を見て昔の記憶が蘇ったので、久しぶりに
コメントしてみました.
このヤゴの殻はきっとコシアキトンボのものですね.
炎天下の温んだ池でバトルを繰り広げるお馴染みのトンボです.
asahamaは昔ヤゴ大好き人間でした.めぼしいヤゴや卵
が採れたら再燃するかも^^;
Posted by asahama at 2020年08月20日 21:33
>asahamaさん
自分はいわゆる沼地系に縁が無く、抜け殻どころかヤゴの実物さえ見たことが無いのですよw
なので、このヤゴが何のトンボの幼虫なのかさっぱりわかりませんでした。
まだまだ勉強が必要なぁぃさんなのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2020年08月20日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。