2007年07月20日
写真館-クロヤマアリの結婚飛行

クロヤマアリの結婚飛行に遭遇しました。

巣の中からたくさんのアリが出てきて、その中に羽根のはえたアリもたくさんいました。
この中にはオスもメスもいて、他の巣から結婚飛行してきた相手と空中で交尾します。
メスはどこかに着地して女王アリとなりますが、オスはまもなく死んでしまいます。

飛ぶための羽根を動かす筋肉が発達して、異様に大きくなった胸部。
触角も直線的に変わって、交尾専用体型へと変わっています。
変態に代表されるように、都度都度で役割に応じるように体の形を変える昆虫という生き物は、これはこれでものすごいことだと思います。

ヒトが作った文明社会の片隅で、アリはアリでしたたかに着実に生きています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
虫でも新婚旅行してるのに、
お前らときたらw

事務所の軒先にもアシナガバチの女王蜂が
一匹で一生懸命巣を作ってました
さすが女王様だけあって、スズメ蜂級の大きさ…

放置しておくと、おばちゃんのキンチョールの的に
なるので、巣をこっそり落としてみたけど
女王蜂は辺りをグルグルして、行ったり来たり…

ごめんよ、申し訳ないが他所で再建しておくれ orz
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2007年07月20日 09:15
こら、いきなり現実に戻るのはやめなさいw

わかる、それよくある。
殺されるのがわかっているからこそ、あえて別の可能性を与えるために巣を壊す。
高等生物らしい発想で、正しいヒトの姿だと思います。(ノ_・。)
Posted by ぁぃ♂ at 2007年07月20日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。