2007年08月21日
●粉砕状の炭のかけら
これは、土に混ぜるために用います。
炭の効果は書くときりがないほどたくさんありますが、土の水分の保持・調整、脱臭、吸着の他にも、ダニ発生の抑制もしてくれます。
また、弱酸性の赤玉土に混ぜることで、中性に近づける効果もあります。
とにかく、百利あって一害無しの炭は、あらゆる昆虫飼育にうってつけなわけです。
カブ成虫飼育のマットやカブ幼虫飼育のマットにも、ぜひ入れておきたいものです。
さて、炭を粉砕するといっても、そんなのやってられません。
ここで便利なものがあります。淡水魚飼育で使う水を浄化する炭です。
はじめから粉砕されてネットに入っているので、このネットを破いてそれを土に混ぜます。水洗いも何もせず、いきなり土に混ぜておっけーです。
粉砕炭を混ぜた土を飼育ケースに入れたら、その表面にさらに粉砕炭をパラパラ撒けば、なおいいと思います。

●木炭
こっちは、土の上に置く大きい木炭です。
炭はいい素材なので、どんどん使います。
安く木炭を用意するには、キャンプ用の木炭が手ごろになります。
キャンプ用といってもいろいろあり、備長炭とか竹炭とかありますが、肉を焼くわけでもないので一番安いもので十分です。
備長炭や竹炭をよく見ると、亀裂の幅が大きかったり空洞があったりでスズムシ飼育にはもってこいなのですが、なんせ高いです。庶民には手がでません。
木炭を用意したら、まずタワシで表面を軽く洗います。表面に残るタール分の初期洗浄になるので、タワシを使って物理的な力で洗います。
その後、半日ぐらい水没させておけば、残ったタール分も水に溶けてさらに洗浄効果がでます。
飼育ケースに入れるころには軽く水を吸っており、飼育用木炭の完成になります。
黒い場所を好むスズムシにとっても木炭は絶好の住みかになり、よく集まりますので、必ず入れてあげましょう。

●壁面環境
スズムシは、脱皮をするときに垂直な面で脱皮します。
垂直な面が無い飼育ケース内だと脱皮に失敗する可能性が急増し、成虫までの飼育は期待できません。
飼育ケースの内壁はつるつるして上れないので、表面がざらざらしている別の垂直面を用意する必要があります。
いちばん簡単なのは、木のうすい板になります。これを倒れないように設置します。衝撃で倒れるようだとスズムシが圧死しますので、要注意です。
問題点は、多湿環境での木にはカビが生えやすいということです。また、工作材料として売られている木材には防虫剤が使われていないかの確認も必要です。
どうも木はめんどくさそうだなと思ったら、植木鉢の底に敷くプラネットが最適です。切って使うタイプだと大きなサイズで売られているので、飼育に使うには都合が良いことになります。
ただ、ここでも注意。石油臭や焦げたような臭いがするときは、表面をタワシで洗って半日ぐらい水没させます。
微量にガスを出している可能性もあり、洗う時間が無い場合でも、袋から出してしばらく放置します。
あとは、竹ぐしに固定するなりして土に刺します。
完全に成虫になって脱皮をしない場合でも、スズムシは垂直面で生活する昆虫です。平面ばかりだとストレスで長生きしないので、垂直面は必須です。

●洗剤禁止
昆虫飼育全般に共通することですが、飼育に使うものを洗うときは洗剤を使ってはいけません。
人には無害なわずかな残留洗剤が原因で全滅する可能性があるので、ナスを切るまな板や包丁もできれば専用のものを用意したいところです。
どうしても専用のものを用意できない場合は、くれぐれも残留洗剤には注意したいものです。
昆虫にとって、洗剤は猛毒です。油分が落ちてキュッキュッ♪で気持ちいいのはぼくをはじめとする人間だけなので、気を引き締めて取り掛かりましょう(^O^)


まだまだ続きそうなので、「その3」と題してまた後ほど。

.........@ノ”<読んでて眠くなるから短くしろ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | スズムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漏れ様のしおり
ここまで読んだ
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2007年08月22日 08:53
最終回まで読んで読め読みやがれw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年08月22日 23:00
木炭…足の掛かりやすい垂直面…
これらを反映したところ、驚くほど彼らの生活が安定し、面白いように鳴き、ケンカし、交尾するように…つまり、正常な生活を送るようになりまして。
お迎え2日目で、模様替えひとつでこれだけ劇的に変わるものとは思いませんでした。

底敷きには含水するヤシガラを厚めに敷き、その上に赤玉土、
木炭を横置きせずヤシガラ層まで貫通させて立ててやったところ、どんどん水分を吸い上げて、常時湿った状態を維持。いつも誰かが停まってて、さながらみんなのオアシスの如く…ですw
こういう工夫って、楽しいですね。
Posted by gochi_zoh at 2015年08月31日 16:31
>gochi_zohさん
ローラースケートをできない人がローラースケートを履かされて広い体育館で一生生活することを考えたら、こりゃかなわんなと思ったわけですw
足場が安定すれば生活も安定するのは、人間も虫も一緒ですな(^O^)
つか、自然浸透型水分蒸散装置の開発と完成、おめでとーございます!
こういう工夫と成果を体感できるのは、まさに飼育の醍醐味。木炭が湿っている状態なので、湿る程度も最適な状態だと思います。しかもその水分は浄化されているという浄水効果も備えてますな。
いやはや、かなり快適な環境だと思います。まさにオアシス(^Д^)

話は変わりますが、中華スピーカーの青いほう、ぽちりそーですw
Posted by ぁぃ♂ at 2015年08月31日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る