2007年08月29日
写真館-何かを欲しがるコバネイナゴ

イナゴといえばコバネイナゴ。いちばん一般的なイナゴです。
大人になると田んぼのあぜ道を歩くこともなくなり、水田に住むいろいろな昆虫ともあまり会えなくなりました。
しかし、イネ科の植物が生える空き地には、ちゃんと相応の生き物がいます。

コバネイナゴにカメラを向けたら、左手を差し出してきました。
何かをくれとでも言いたいのでしょうか。
昆虫に対して擬人的な妄想はいけませんが、時にそれを超えて、これは何かあるのではと思わせることがあります。
前回のオンブバッタと同様、このコバネイナゴにも何かを感じた午後なのでありました。


写真館-何かを欲しがるコバネイナゴ

この角度から見ると、不思議においしそうです。
流通が確立されていなかった大昔は、その地方でとれるものを食べていました。北国ではミカンなど食べられなかったのです。
そんな時代、イナゴも普通に食べられていました。

食べるものに困らなくなり、どこのものでもいつでも食べられる時代の中で、「虫」を食べるという習慣は消え去ろうとしています。
大昔の人は決してゲテモノを食べていたわけではなく、れっきとした食糧でした。
時が流れ、食べなくなったものはゲテモノになり、食糧からはずれます。別に悲しいわけではなく、要するにアワやヒエと同じようなもので、食べようとすれば普通に食べられるのが、イナゴということです。
だったら食ってみろと言われそうですが、丁重にお断り申し上げますw


写真館-何かを欲しがるコバネイナゴ

たまには、体のつくりでもじっくりご覧下さい。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前にも書いたと思いますが
イナゴの佃煮は結構イケますよ。
デパートの食品売り場のモノだったと記憶してますが
形さえ見なけりゃ、普通の?佃煮ですってw
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2007年08月29日 13:11
前にスーパーでも見ましたが、非常においしそうでした。いろいろ調べてみてもエビに似た香ばしい味がするということで、いつかは食べてみたいとは思っていますが、ニボシの頭を食えない臆病者なのでまだまだ先のことになりそうですw
Posted by ぁぃ♂ at 2007年08月30日 00:44
イナゴはちょっと見方を変えるとかわいくみえますよねー
Posted by ゲーマー@名無し at 2011年10月07日 22:51
>ゲーマー@名無しさん
イナゴって、体の部品の大きさが全部ちょうどいいんですよ。変に長すぎたり細すぎたりしていないので、見ていてかたまり感があります。
そのあたりがかわいいところですな(^O^)
そして、おいしそうなところでもありますw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年10月07日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。